スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにをいまさらアフィニティ・グループ

2010
04-18
また「だれそれが最初にいった」話に遭遇。
「Up Against the Wall Motherfuckers (UAW/MF)」って?(ざっと箇条書き):
(中略)
・「アフィニティー・グループ」という用語は、かれらがはじめて使用した。
(中略)

Motherfuckers!
えー、これはIRAのナリタさんが『Motherfuckers!』という本を紹介しているテキストのなかにある記述なんですが、たぶん en.wikipedia の UAW/MF の項目からの抜粋でしょう。でも、アナキストの組織形態としていう親和グループ(アフィニティ・グループ)という概念や言葉は19世紀からあるんですよね。
 言葉をリヴァイヴァルさせたのが UAW/MF だったということなのかもしれませんが、「だれそれがはじめて」という(手柄顔の)名乗り・名指しってなんかね。誰が最初にいったからえらい(だから特記する)とか、そんなことじゃないと思ってしまいます。社会運動にまつわる「発明」だの「起源」探しだの、ヘタしたら運動をなるべく共有物にしようとする態度への敵対行為になっちゃうから。そんなの誰だって望んでないはずです……「運動」にかかわってるふりしてセールスポイントを稼ぎたいアカデミシャンを除けば。

で、そのアフィニティ・グループについての en.wikipedia の項目をみていくと、これ、マレイ・ブクチンの議論の引き写し。だから親和グループはスペインのアナキスト運動の……というアレがそのままになってる(笑)。こういうの参照して鵜呑みにする人でてきたら、それこそ不幸というもの。
 ブクチンはスペイン革命を参照する過程で、親和グループというアナキストの結集形態にいきついたのだと思うけれど、それはスペインに限定されるような局地的な実践じゃありません。19世紀のヨーロッパにおいて、アナキストの運動にひろく見られたものです。てゆーか単に行動的なアナキスト組織の代名詞として、親和グループ(つまり同志集団)といっていただけのことです。ブクチンにしたって、たんに「ここがはじめて!(すごいでしょ)」の紹介としてスペイン・アナキストのグルーポ・デ・アフィニダ(grupo de afinidad)に言及したんじゃなくて、インター以来のスペインにおけるアナキスト運動の展開の過程を説明するために取り上げたんだと思います。勇み足で、現代的な「フラット」な運動の組織実践の源流と位置付けようとしたところがあるにしても。
 親和グループという形態素について考えるとき、まず第一インターに結集したアナキストのグループから検討する必要があると思います(インター以前からともいえるけど)。たとえば、第一インターのなかにはバクーニン派としてジュラ連合が存在していましたが、この連合内部の諸グループなんかはまさにそうだったと捉えるべきでしょう。あるいは、パリ・コミューンに結集した戦闘団としてのいくつかのグループもまさしく親和グループとして存在していたはずです(アナキスト、ブランキストのグループの別をとわず)。少なくとも、パリ・コミューン以後のヨーロッパで「行為による宣伝」(いわゆる「テロル」)時代に動いていた行動者グループくらいは親和グループの典型としておさえてしかるべき。
 だからこそ19世紀末から20世紀初頭にかけて台頭したフランス・サンディカリスムのなかで、アナキストは尖鋭的な結社の運動に窒息するのか、大衆運動としての労働運動にくわわるのかという議論が闘わされた経過があり、アナキストの結集形態としてのグルーペ・ダフィニテ(groupe d’affinité)の失効などがいわれたのです(もともと行動者集団にいてサンディカリストに転身したエミール・プージェの提起など:フランス語読める人は Quand des étudiants "inventaient" le syndicalisme révolutionnaire あたりを眺めるといいかも)。
 ようするに、昨今の局地的な北米発の親和グループ言説と、日本における現代思想的ジャーナル上のその紹介は、過去の議論のなかでさんざん叩かれてきた亡霊を不完全にあるいは恣意的に復活させたものにすぎないともいえるわけです。もちろんサンディカリスムにはサンディカの罠があるわけですから、「ものとり組織」批判として対置されるべきところの親和グループ議論であるなら、それこそいにしえの議論に再接続する有効な論争になるかもしれませんが、そうなってはいません。むしろ過去を切断する「新しいなにか」と位置付ける向きの方が多く散見されます(ただしこれは北米の「新しいアナキスト」と日本におけるそのエピゴーネン界隈でのことであり、ヨーロッパなど他地域の諸運動における言説状況を追跡したものではないことに注意)。
 てゆーか、日本に紹介するならするで、なんで戦前の純正アナキスト(全国自連、黒連)とサンディカリスト(日本自協)の対立についてふれて「温故知新」をはかろうとしないのでしょうか。日本で親和グループっていったら黒色青年連盟に参集した個々のグループがまさにそう。もっとさかのぼれば、ある時期の平民社だってそうでしょう。労働者たちと膝をつきあわせて談合した大杉や山川-寒村らの初期のサークルも。こんなの、ちょっと考えりゃ分かること。まあ鳴り物入りで紹介するには、過去にいわれてきたこと、実践されてきたことの焼き直しなんだなんて注釈したくないのかもしれませんが。

ともあれ、いま喧伝されている(とくに北米での)親和グループ議論は、往年の議論とは自らを切断したままの「思いつき」レヴェルのものです。歴史はぐるぐるまわる回廊のようになっているのに、そんなことにも気付かないテイタラクはいったいなんなんでしょうか。あるいはそのふりをしているだけなんでしょうか。海外における親和グループか利益グループ(サンディカ)かという理念的な議論の日本への紹介は1972年にも行われていますが(田中正人「アナルシスムと革命的サンディカリスム」『季刊 社会思想』第2巻第2号、1972年7月)、こういう「古い」議論にあらためて当たらなきゃならないなんて徒労もいいところです。でも一部の「新しいアナキズム」言説こそが、そういう徒労の舞台をセッティングしてるんですよね。なんのためにかって、ようするにメシのタネなわけでしょ。笑止。
 わたしのようなボンクラには学術的なサーヴェイなんてする必要は必ずしもないけれど、先人の議論の焼き直し、あるいは車輪の再発明にすぎないのに、まるでそう発言すればなんらかの地歩が占められるかのように「親和グループというのはね……」と語りだす「小文字のアナキスト」たちの厚顔さには、やはり一々「場所取りゲームなんかやってんじゃねえよ!」といってやる必要があると思います。だって学者だとか有名人の話を鵜呑みにする不幸な人々がいるんだもの。そういう奴隷根性は、いうまでもなくアナキズムからかけはなれた心性です。なんでも疑ってかかるのでなくては。(この記事だって疑って当然)

そもそも、いまこの状況で、親和グループがどうしたとかゴタクを並べていられる余地があるのかと考えると、とてもそうは思えません。意味の収奪や机上の理念いじりばかりで、「現場」で「責任」をひきうけようとする「主義者」的な主体がほとんどどこにもねえってのによー。

「大文字のアナキスト」(ってなんだよ! グレーヴァーこのやろう!)と侮蔑される「古い」タイプの人間からの、苦言でした。ちょっと愛情が足りなかったかな。
スポンサーサイト

無政府主義将軍マフノのドラマ

2009
04-07
無政府主義将軍といえばネストル・マフノ。

このウクライナ・パルチザンの人生がウクライナ/ロシアでTVドラマ化されていました(制作2005年、RTVi放送06年)。うかつにも全然知らずにいて、YouTubeで検索していてつい最近気がつきました。だれか翻訳して字幕つけてください。ドンパチスペクタクルっぽいから軍オタにも需要あるんじゃないかと…(冗談)。なお、作品の参考情報を英語化したウェップページに The Nine Lives of Nestor Makhno があります。

それにしても、マフノフシチナ(マフノ運動)がTVドラマの対象になるのも、ロシア共産党正史の重圧から「解放」された現在だからこそのことかもしれません。つまりボルシェヴィキ反革命にぶっつぶされたウクライナ労農革命運動史にも、叙情的な歴史ものがたり化がなされうる時間がおとずれたということです。

しかし、アルシーノフのマフノ運動史を訳した郡山堂前氏によれば、「現地の人はマフノ反乱について余所者にはあまり話したがらない、話しても無駄だと思っているらしいこと、しかし同時にマフノ反乱に否定的な態度の人でもマフノとマフノ反乱を誇りにしているようだということ」があります(1)。ここから状況の変化がどうあれば他律的なTV映像化が可能となるのか、むしろそのことのほうが気になります。

現在、ウクライナといえば、親ロシアか反ロシアかというUS帝国の戦略上の二元論にそった報道ばかりがなされ、ひとびとがどうであるかを伝えようとするマス・メディアはほとんど存在しません。もちろんインディメディアなどの独立メディア運動体が存在しているので、その気になれば情報はいくらでも入手することはできるでしょうし(ただし言語の壁がありますが)、また運動体からの情報もあるわけで、マフノたちのたたかいが提起した自由共産の革命運動の今日的な意味がどうあるのかということは、たとえつたないものであっても考究されうべきものだと思います。

むしろ金融資本主義崩壊後の世界にあって、「自分の運命を自分自身の手に握り、自分の生活を自分自身の意思、自分自身の真実によって建設するためにこそ、われわれは勝つのだ」(2)というマフノ運動の意義が生かされるべきであり、懐古趣味の叙事詩はほんとうは必要ないのであります。

(より理論的な関心でいうと、マフノ運動は革命の扼殺者=ボルシェヴィキに敗北したのち、アナキスト総同盟論というこんにちにまでおよぶ組織論的問題を提起しているため、運動の総括はたんなる訓古学にとどまらないはずです。)

(1) ピョートル・アルシノフ『マフノ運動史 ウクライナの反乱・革命の死と希望』(郡山堂前訳、社会評論社、2003年)の訳者解説より。同氏は1999年から2001年にかけてドニエプロペトロフスク市(旧エカチェリノスラフ市)に滞在し、「現地の人」の反応を直接経験しているとのこと。
(2)ドイツ・オースリア軍兵士やコザックに向けたマフノ初期のビラより:「勝利か死か──歴史的瞬間としての現在、これこそがウクライナの農民が直面している問題である。だが、われわれの全てが死ぬことはありえない、われわれは余りにも数が多いからだ、われわれは──人類そのものだからだ。それゆえ、われわれは勝つだろう。だが、これまでのように、新たな主人に自分の運命をゆだ ねるために、われわれは勝つのではない。そうではなく、自分の生活を自分自身の意思、自分自身の真実によって建設するためにこそ、われわれは勝つのだ」(前同 p.55)

文献(絶版本ばかり)
  • ヴォーリン『知られざる革命 クロンシュタット反乱とマフノ運動』(野田茂徳・野田千香子訳、現代思潮社、1966年)
  • ヴォーリン『一九一七年・裏切られた革命 ロシア・アナキスト』(野田茂徳・野田千香子訳、林書店、1968年)
  • ポール・アヴリッチ『ロシア・アナキズム全史』(野田茂徳訳、合同出版、1971年)
  • ピョートル・アルシーノフ『マフノ叛乱軍史 ロシア革命と農民戦争』(奥野路介訳、鹿砦社、1973年) 郡山訳は新訳
ウェッブサイト

私たちは未来からのイメージだ

2008
12-31
私たちは未来からのイメージだ
──Void Network 「叛乱を組織する方法
- Void Newroks のウェブサイト
- 来年も生きぬくぞ
- 生きてやつらにやり返せ!

グローバルな経済危機とG20会合に対するアナキスト‐コミュニスト声明

2008
12-18
グローバルな経済危機とG20会合に対するアナキスト‐コミュニスト声明

1. 現在の危機は資本主義経済に定期的にあらわれる危機の典型である。「過剰生産」──投機とそれに続いて起きる崩壊はこのシステムに固有なものである。(アレクサンドル・ベルクマンたちが指摘したように、資本主義エコノミストが過剰生産と呼ぶものは実際には過小消費であり、資本主義は大多数の人々がその要求を満たそうとするのを妨げ、自身の市場を掘り崩すのである。)

2. 資本主義者や政府が準備するどんな危機への対応も資本主義の枠内にとどまる。それは諸人民階級(the popular classes)にとっては何の解決策にもならない。あらゆる危機の場合がそうであるように、金融資本が膨大な金額で救済される間、労働者と貧しいものたちは支払い続けるのである。この状況は継続するもののようであるが、資本主義の枠内でのチェンジは諸人民階級の問題を解決できない。まして解決策なるものはバラック・オバーマのような個々の政治家に期待することもできない。かかる政治家にできることといえば、せいぜい資本主義者に出口を提供し、そしておそらく労働者階級に幾ばくかのパンくずを投げてよこすくらいのものである。

3. 銀行への緊急支援は、国家が誰の利益に奉仕するのかということだけでなく、自由市場への資本主義のコミットなるものの空虚さを示している。歴史に明らかなとおり、資本主義者はかれらの利益に適うときに市場を支持し、必要なときに国家の規制と資金注入を受けいれる。資本主義は国家の支援なしに絶対に存立できないのである。

4. 合衆国、連合王国、その他どこででも、緊急支援は資本への全的支援により、立ち往生した金融機関の国有化というかたちをとった。これは資本主義者が国家所有に何ら原理上の問題を持たないということ、そして国有化は社会主義とは無関係であるということを示している。それは労働者階級を締め上げる一つの方法でもありうる。だから国家ではないわれわれ自身こそが、経済管理を掌握する必要があるのだ。

5. 新自由主義下の資本のグローバル化ゆえに、対応がグローバルなものでなければならないと支配階級は認めている。G20が危機について討議するために11月15日から会合を持つ。これは示唆的である。合衆国、ヨーロッパ、日本の支配者は自分たちだけでは危機に対応できず、互いの力だけでなく他の力、とりわけ(工業生産のトップに躍り出て、世界第3位の経済へと向いつつある)中国を必要とすることを自覚している。インド、ブラジル、他の「新興国」の経済が議席につく。これは、もはやG8のみが世界経済の意志決定者ではないという、ここ数年の議論をもとにした表徴を読み取ったものであるかもしれない。それはグローバルな経済システム運営の変動を予兆するものとなりそうである。

6. われわれは新しい資本主義者権力への包含になんの希望も見出さない。中国の支配者たちは社会主義者であると自称するであろうし、たとえばブラジルのルラや南アフリカのモトランテのような他の人々が、折りにふれ自らを貧者のチャンピオンとして表象するであろう。しかし実際にはその全員が資本主義の防衛者であり、かれら自身の国における人々を搾取し抑圧する者であり、他国の人々にとってのますます増加する帝国主義者ないし半帝国主義者である。

7. 危機がグローバルな諸人民階級の完敗以外の何か、貧困、搾取、戦争に帰着させられるのなら、諸人民階級は動かなければならない。われわれは、資本主義者ではなくわれわれのための支援措置こそ要求しなければならない。われわれアナキスト‐コミュニストは、サププライム・モーゲイジで家を得た人々──支援されるべき、自分の家を維持すべき人々のために闘わなければならない。われわれは、よりましな賃金、より短い労働時間、居住、諸サービス、医療サービス、教育と福祉、環境保護のための闘いに参加・支援し続ける。われわれは帝国主義戦争とわれわれの階級とその闘争への弾圧を終わらせるために闘う。

8. われわれはG20会合への対応としてこれらの要求を突きつけ、将来にわたってそうし続ける。これらの要求を通じ、また要求を実現させるための直接行動を通じ、資本主義と国家、そしてそれらがつくりだした危機に終止符を打つことが可能な、諸人民階級のグローバルな運動の構築に向け尽力する。

Alternative Libertaire (France)
Federazione dei Comunisti Anarchici (Italy)
Melbourne Anarchist Communist Group (Australia)
Zabalaza Anarchist Communist Front (South Africa)
Federação Anarquista do Rio de Janeiro (Brazil)
Common Cause (Ontario, Canada)
Unión Socialista Libertaria (Peru)
Union Communiste Libertaire (Quebec, Canada)
Liberty & Solidarity (UK)
Asociación Obrera de Canarias/Ēššer Ămăhlan n Təkanaren (Africa)
Anarchistische Föderation Berlin (Germany)

anarkismo.net 掲載・英語版


[訳註]

[グローバルな経済危機とG20会合に対するアナキスト‐コミュニスト声明]の続きを読む

北米大統領選に伴う転向者と、政党反対者

2008
10-04
旧聞。Baby, I'm An Anarchist! と叫んでいた Against Me! が、選挙への参加促進を目的とする団体 Rock the Vote に協力し、わざわざそれ用のミュージッククリップを用意していた(YouTube版)。
Stop! Take some time to think, figure out what’s important to you.
You’ve got to make a serious decision.
Stop! / Against Me!
serious decision の一つの帰結が、選挙に行けってことらしい。投票するしないは手前勝手に決めりゃいいことで、他人から何か言われることじゃない。「アナキスト」なら、30年代のエスパーニャのように「シリアス」な局面でもせいぜい好きにしなってだけなはず。

自称アナキスト・バンドのブッキングとかで大変な思いをした某君がいうことにゃ、アメリカのアナキストとかいってる連中は素直に信じられない、特に若い奴らは流行でやってんじゃないか……と。Against Me!、同類。

じゃあガチンコのアナキストが大統領選に際してどうしているかというと、民主党・共和党どっちもクソクラエで反対行動を呼びかけてきた(毎回そう)。両党の全国大会は以下のとおり。

共和党全国大会、ミネソタ州セントポール、2008年9月1~4日
民主党全国大会、コロラド州デンバー、2008年8月24~28日

で、

8月、デンバー、DNC Disruption 08
9月、セント・ポール、RNC Welcoming Committee

共和党大会迎撃ではやはり何人か逮捕されたのこと(17歳の若手含む)
RNC 08 Arrestee Support 救援組織
Friends of the RNC 8 弾圧の経緯を知るにはここ

その他
Unconventional Action ポータル的
Bash Back! トランス&クィアな人たち
Recreate 68 昔なつかしの人も出ます
Unconventional Michigan ミシガン
ACTIVATE ミシガン
Media Mouse ミシガン 独立メディア
Crash the Conventions ソーシャリスト系?
People’s Networking Convention マディソンの対抗集会


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。