スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無構造の暴政

2010
05-25
でね、ジョリーンの「無構造の暴政」(The Tyranny of Structurelessness [revised version])を森川さんが訳してA誌13号にのっけてるんですが(ネット公開版もあります、てか、ネットでの公開の方が先です)、これまたびっくり。おれ、これをアンチョコにして今回の原稿を書いたんじゃないかというくらい内容が本質的にかぶっているような気がしてヒヤヒヤしてるんです(笑)。でも書く前に翻訳読んだりしてませんけどね。

そりゃどんなんだよって、少なくともジョリーンの方はタイトルで内容の予測がつく人もいるのでは。わたしは社会運動のある局面でだれも責任をもとうとしないのに事態が推移していく構造をとらえて〈無決定の決定〉という書き方をしましたが、いいかえるとそれは〈未組織という組織性〉がもたらす災厄でもあるんですよね。同じくこれを「暴政」としたのがジョウ・フリーマン(ジョリーン)の分析といったところでしょうか。や、ジョリーンの分析のほうが単純明快で分かりやすいんですけどね。わたしは分かりやすい文章には不安になるたちで、どうしても内へ内へとこもる書き方で、人をウンザリさせるんだと自覚しているのですが……

あ、「無構造の暴政」は、これ「現場」にいた人の文章だってすぐに分かります。むしろ「現場」で苦労しなかったらこんな分析できないと思われ、というような内容です。ジョリーンのかかわった範囲でのフェミニスト運動の内実についてはこちとらまったく分からないのですが、それでも普遍性をもつ内容として読みました。読んでて胸しめつけられましたよ。
スポンサーサイト

A13

2010
05-24
A誌13号。拙稿ではしつこく「運動」における主体性の問題、主体間の関係性について検討しています。G8がらみで救対のことにふみこんで書いてるんで、大方には「防衛」上の観点からの批判もあろうかと覚悟しています。
 関連して、「のびのびイルコモンズデモ」のプロパガンダに胚胎した(無自覚な)差別性について批判もしましたが、それへの反批判があるなら期待して待とうと思います。が、被弾圧者のうち仲のよいお友だちだけをクローズアップさせた身びいきに正当性などあろうはずがないのですけどね。というようなことも含めて、運動過程での組織化の失敗と、それにからんだ救対の敗北について言及しました。
 わたしはあの運動でほとんどすべてにおいて「負けた」(自分に)との総括に収斂しかかっています。もちろん自分以外の誰かとの競争での勝ち負けとかいうくだらぬゲームごっこについての判断としてそう考えているのではありません。自らの惰弱ぶりに負ければそれでゼロかといえば、そうとも思いません。つまづくことにより考えるきっかけを誰あろう自分自身に与えられるからです。つまり問題はもっと根深いもので、社会運動に際会しての自ら(自分たち)の力の行使についての自覚と分析が不足していたのだという当然の認識にまでたどりつくことになります(力を行使しないことが反権力・反権威主義なのではありません)。そうして敗北はきちんと認めて追及しないといつまでたっても同じことの繰り返しで、一人相撲の域をでることができない。繰り返しが悪いとはいわないけれども、せめて他山の石として参照できるものになればなと思っています。いや、「運動2.0」「反権威主義」などとはしゃぐばかりで、あるいは傍観者をきめこんでただのりするばかりで自らを批判的に省みることをしなかった人々にこそ検討してもらいたいと思っています……だからそういうのが気負いすぎだって? そうかもしれません。
 ともあれ、社会運動における力の行使(たとえ自分は不当な力を行使しない、だから「反権威主義♪」と思っても、集団的な力動を掌握する人々の行動を黙許・追認するという意味で力動の構造を支える一因子として同様、つまり「反権威主義」ならぬ「半権威主義」を実践したのだという自覚が必要)という視覚から書いたつもりですが、それで特集の「権力」に沿うことができたのかどうか心もとないところです。でもほんとは反権威主義者なんかどこにもいねえんですぜ、ということは声を励ましていいたい。反権力なんぞとぬかしさえすればてめえが反権力者だといわんばかりの販促活動にゃ泥をぶっかけつづけます。これは自戒をこめていうんですが、分析やら思想だのというものは行動が伴ってこそ意味があるのであって、その逆じゃない、ってあたりまえのことですね。
 しかしほんとにしつこいなとわれながら呆れますが、あとは有志総括向けに公表用の文章を書いて、サミット反対運動でトホホの記録はようやく一区切り。になればいいな。(これまで書いたものに批判があればなお検討しつづけます)

あ、ページ数が爆発して240ページを超えたため、今号は1500円です。たけえしブあつい。

デモ「申請」雑感

2010
05-21
やーデモ「申請」おつかれさまです。園さんが「申請」をめぐることを記録されていますが、少し思ったことを。

園さんが説明されている「申請」とは、都内でのケースですね。公安条例を公布している自治体は多いのですが、都道府県レベルで条例がない場合は市区町村レベルで制定していたりと、全国一律ではありません(公安条例は俗称で、「集会」「集団行進」「集団示威運動」「に関する条例」というような名称がほとんどです)。でもすべての自治体にこの条例がしかれているわけではなく、存在しない自治体もあります。公安条例がない自治体では、道路を使用するため現実としては道交法上の届けが必要になります。(無届けでやるとおそらく道交法でひっかけられるでしょう)

「申請」関係についてまとめると、以下のとおり。

公安条例が存在する自治体の場合
・デモ許可申請書の届け先 条例を制定している自治体レベルの公安委員会(東京の場合は都公安委員会)
・窓口 デモ出発地の管轄署(の警備課)
※申請書を受理するのはあくまで公安委員会であって管轄署・都道府県警察ではないことに注意!

公安条例が存在しない自治体の場合
・道路使用許可申請書の届け先 デモ出発地の管轄署交通課

園さんはデモ「申請」の「行く宛ては交通課」としていますが、条例には担当課の規定はないものの実際にでばってくるのは警備課です。道路を使うんだから交通課じゃないの?と思うのが、自然な感覚かもしれません。警備課が担当として出てくるのは、警察がデモを「治安維持の対象」としてとらえているからです。申請者およびデモ参加者を「警備」するためではなく、「公共の安寧秩序を乱す輩をとりしまる」ために、警備警察が「申請」段階からでてくるわけですね。おまけに背後には公安警察がいる。(警備警察の本質は「警備公安警察」であることに注意しましょう)

デモコースが複数の警察のナワバリ(管轄)にまたがる場合、警備で出動するというたてまえの関係署を調整するのは都道府県警察の警備の本部です。そのため管轄署に届けにいっても本部とのやりとりが発生するとかでややもすると待たされます。ほんとは警察署はすみやかに申請書を公安委員会に届けるべくすぐに受け取って(警察署による受理ではなく「経由」としての預かり)、現場の調整なんぞは勝手にやっとけばいいんです。他署・本部との調整などに申請者がつきあういわれはありません。最初から都道府県警察の警備本部にのりこんであらかじめ調整させるやり方もありますが、申請書はあくまで「開催地を管轄する警察署を経由して」ですから、つくりあげた書類を管轄署にもっていかなきゃならんので、二度手間は回避できません。なんつー不合理な制度と現実。

ところで、「申請」のために管轄署に行ったケースで、ときに警視庁本部から警備課(の警備連絡係)がわざわざ管轄署にまででばってくることがあるのは、警察にとって通したくないデモコースだった場合に、おどしたりすかしたりして申請者を翻意させられないかとがんばりやがるからです。なれないうちはダマされてくれるだろうとか、ビビらせりゃしたがってくれるだろうとか、勝手な胸算用をしてるわけですね。わたしはデモ「申請」それじたいが予防弾圧にほかならないと考えますが、その理由がこれです。もちろん管轄署レベルでも申請者のことをなめきってカマかけてきたりしますから、弾圧者として都道府県警察本部との本質的な違いはありません。

また、(デモ「申請」の「許可」「不許可」を)「誰がどのように決定しているのか全然見えない」と園さんが指摘しているのはまさにそのとおりです。ただぶっちゃけてしまうと、実質的に決めているのは都道府県警察の「警備公安警察の本部」だと思います。公安委員会の庶務を担うのは警察官であると警察法が規定していることもありますが、交通事情など含めて「現場」のことなど公安委員は知ったこっちゃないため、「現場の警官(のエラソーな部分)」が判断しているフシが濃厚なわけです。以前、わたしが東京の新宿警察署で「申請」したときに警視庁からとんできた警備連絡係に対して「結局あんたたちが判断してんだもんな」といってもニヤっと笑って否定しませんでした。つか、このカラクリ、みんな前提として「申請」してきたんですよね。

いずれにしても、警察がその現実の振る舞いによってデモを許可制にしてしまっていることに変わりはありません。昨今、「事業仕分け」がマスコミネタになっていますが、ろくに仕事してない公安委員会も解体したらどうかと思います。警察をとりしまるためにつくられたはずなのに現実にはまったく機能していない。機能していないのに場所をとり、委員が「選任」され、かたちだけ委員会を開いてよしなしごとを委員が「決済」したこととしている。そのために予算がつけられ税金があてられる。制度上も警察が野放しのままデモをとりしまっているかたちにしてしまうほうがよっぽどスッキリしています。いまのねじけた法制度は人々の目をくらます煙幕として機能しているのですから、このように制度も現実の暴虐にあわせることにすれば、日本の統治システムおよびそのテクノロジーがいかに人間の行動を不当にしばりあげているかがよりハッキリすると思うのです。

そもそも条例が道交法の上前をはねるようなありかたそのものがオカシイのですが(道交法のあみをデモにかぶせようとするのもオカシイ──道交法読んだことある人なら分かるはず)、その罠にひっかかったままの状態で公然行動は闘いとられてきました。たたが公然行動されど公然行動、なめんなよ。

正義の味方なにするものぞ

2010
05-20
「神戸学校」(バックはフェリシモという企業)によれば、前世銀副総裁どのは「政治力のない貧民のために正しいことを正しく行う勇気あるリーダーたちの味方、正義の味方になろう!」と決意して世銀に入ったんだと(出典)。さてでは代行主義の業火に焼かれるばかりの「政治力のない貧民」はどうするか。ゆくべき道は千年の秋をさかのぼろうとする自力救済の復興運動であるか。われわれの隣人であるイスラーム主義の運動もかつては(そしていまも)そうした性格をもっていたはずだ。かりに世銀をめざしたようなエリートのいう「政治力」が「近代以降の力」であるなら、われわれ「貧民」に必要なのは「近代以降」にあって「近代以降の以降」へのアクロバットでなければならない、なんてな。少なくとも、金融寡頭制がもたらす害毒の反省ぬきにえらそうなことをぬかすエリートは問答無用でたたきのめそう。われわれには僧兵になるべき理由と怨念があるのだ。

門前の小僧習わぬ経を読めず

2010
05-18
あら、そんな単純なもんじゃなかった? スマヌ。

人の道

2010
05-17
日曜日ひるさがり、また労働(笑) ゼニが必要な事情があるわけだけど、資本主義を支える柔軟かつ従順なワーカホリックぶり、自分でもいやんなっちゃう。仕事好きといえば好きなんだけど、うまくサボりつつこなすような状況をはやくつくらないと。

で、夜遅く帰宅してややカルチャーショックな状況を認識。支援してもらったらお礼をいうのが当然です。選別=差別的対応は論外。力量の問題があるなら任務分担すればいいだけ。人として当たり前のことができなければはっきりいって負けます。基礎的な関係づくりができないという意味で自分に敗北するのです。では、おやすみなさい。

やきめし en Esperanto

2010
05-16
esperantista kamarado よ、『実用エスペラント小辞典』(第1.7版・vastalto.com公開版)には「frit/i: {B}[他]【料】(油で)揚げる; いためる」とあります。これにならえば、チャーハンは単純に frita rizo でいいのでは。ただ麺とか米って複数形にする必要があるのかないのか、おいらはそれがいまいち分からない万年初心者です。ちなみにイタリア語でいうリゾット(risotto)は単数で、複数形はリゾッティ(risotti)、どちらも使われているような。

自由と平等のブルース

2010
05-16
ジョシュ・ホワイトの「自由と平等のブルーズ」。しびれる。

主体性なき兵士

2010
05-15
ある学生が所属するサークルの先輩に行き先も告げられずに車にのせられて、山の中のアジトに行きます。まず大学のサークルボックスに集合し、そこからある拠点に移動し、その拠点から本格的に山の中めざして自動車数台による行路を開始するまでのあいだ、もちろん革命的警戒心にしたがって行動します。アジトにはふだんまったく姿を見せない「大人」がいます。サークルの新メンバーはここでようやく面通しかと気がつくのですが、いつものようにみんなでメシをつくって食べます。「大人」はつくらずえらそうに座って講釈をたれます。てめえもつくれよとはとてもいえるような雰囲気じゃありません。
 思えば、学籍のある先輩んちでよくみんなでメシをつくったものでした。でもパンクをプチブルと否定した先輩がビートルズを聴いていたのが絶対に許せませんでした(笑)。けれども問題の本質はもっと根深いもので、すでに定められた方針がどこかかから降ってきて、われわれ兵士(未満)はそれにしたがって行動するだけだったというところにあります。組織原理の問題はほとんどすべてを規定するので、なにも考えずに○○はプチブルなどと平気でいえる精神をつくりだしたりするわけです。もちろん合意形成なぞという上等なものは一切ありません。それどころか合意に向けた前提となる方針論議さえまったくない。すでにある方針にしたがって学習し、学内でビラをまき、講義前にビラ入れし、テーマの決まっている集会を組織し、たまに学外に出かける。わたしの場合そのあいまにアルバイト生活でしたから(古典的な勤労学生だった)──うらやましいでしょ、なにも考えずにすむんですよ! というのは冗談で、疑問や感慨は話ができそうな先輩に個別に漏らすだけというのはつらかったですね。えてしてそれも先輩に忌避されました。むしろサークル外の学友たちとの議論のほうがどれだけ有意だったことでしょう。煩悶をかかえながら、そもそも学籍のない組織の「大人」に連れられて他大学にビラ収集に行ったりとか……どんな活動ですか。うへへ。
 それで文案のできあがってるビラを刷っては学内でまき、タテカンをつくり、小部隊組んでPKO反対のデモとかに押し出していくわけです。わたしはいったい何をしていたのか……と今から思うとまるで笑い話ですが、まあだからこそその反動で、自由と平等を謳歌するという聞こえのいいアナキズムなんぞに強い関心を抱くようになったともいえるのです。わたしは転向者です。転向するほどの何かを学生時代につかんだわけではないのですが、一方的な「オルグ」が嫌いな性質が形成されていったことだけは間違いありません。これ、じつは子どものころに母親がカルトだったために被ったもろもろの経験を上書きしていくものでした。しかも単純な上書きではなく、その内容が補強されるというような。上意下達の絶対組織への憎悪という内容です。甘ちゃんですね。
 その反動からくる「未組織の組織」をでっちあげていく無責任もたいがい悲惨なことになるわけですが、それはまた別の話。むしろこっちのほうを本題にすべきはずなんですが、いまはめんどくさいのでとりあえず枕だけのメモ。

 外在的に左翼右翼を腑分けして悦にいってるバカは全員死ね。どうせてめえらは眺めてるだけの卑怯者。どんなに滑稽で悲惨で実は何もできていなかったとしてもそこには本気=狂気だけの人間がいます。運が悪いと死ぬ目にあうかもしれないドンキホーテたち。だからこそイデオロギーぬきで、そうした人々がわたしは好きなのです。

ヴィヴァ・ラ・ファイ!

2010
05-15
おまえはスペイン人でもなんでもないのにナイモノネダリの歌謡ネタに逃避してばかりかと。前の記事では A las barricadas についてふれましたが、コーラスワークは Viva la FAI の方が好きです(FAIはイベリカ半島地域アナルキスタ連盟の略称)。しかしアナ連万歳なんて歌詞、とらえようによっちゃ怖すぎ。どだいカルトの子になりきれなかった天の邪鬼としては同質性の強さを要求される組織への礼賛には心の奥底で憎悪の念がわきあがるのですが(これは何年たっても変わらない、幼児体験は根深い影響を人に残すのでしょうか)、学生のときにちょっとだけいたサークルだってオレむりと思ったのが原因でやめたし、その「オレむり」の根底にはやはり「こんなカルトなやつらとは一緒にやってられっか」というヘソマガリの気分がわだかまっていたからだといえます。そんなんでFAI万歳CNT万歳とか、ダブスタもいいところ。でもCNT-FAIが敗北したからこそスペインの経験には汲めどもつきぬ教訓があると思っています。教訓といっても堂々巡りの権力問題についてですけど。


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。