スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenNTPD

2010
01-24
某サーバの NTPD を OpenNTPD に変えた。堅牢でしられる OpenBSD の一プロジェクト。現状では NTP サーバとして運用してるけど、クライアントとして動かすだけでいいかも。

cf. OpenNTPD導入手順 ありがたや

p.s. サーバを OpenBSD か Debian GNU/Linux に換装してしまいたい…と発作中(やらないけど)。CentOS もまあまあいいんだけど、最小インストールしてもよけいなデーモンがたちあがってる(=よけいなソフトウェアが入っちゃってる)んだよなあ。pkill & chkconfig off すればいいんだけど。落ち着いたらどうするか考えよう。

p.s.2 Debian はともかく、なんで OpenBSD にひかれるかというと、(1)デフォルトの構成ではよけいなサービスをたちあげていない、(2)開発リーダー Theo de Raadt がけんかっ早い、けどイイコトをいう、(3)その Theo が2003年4月に「反戦発言」し、DARPA(米国防高等研究計画局、国防総省の一機関)からの資金援助が撤回された(DARPA cancellation助成金打ち切りでも『OpenBSD』の集会は決行 参照)あたりがおもろいから。
スポンサーサイト

ブルーズは身をたすく

2010
01-19
で、浅川マキの「裏窓」を聴いていると、なぜか Blind Willie Johnson(楽曲はブルーズのゴスペルシンガー)を思い出すことがあります。Blind Willie というとダミ声の伝道師で全然にてないじゃん!って感じもしますが、マキさんのややヴィブラートがかかったかのような歌声は、“Dark was the night, cold was the ground” なんかの(めずらしくダミ声ではない)モーンを連想しちゃうんですよねえ。モーン(moan)というのはうめくような唱法のことです。“Dark...” は全編モーニングとハミングで歌詞がありませんが、キリスト磔刑への挽歌という解釈もあるようです。

ちなみに Blind~となのったブルーズやゴスペルのシンガーは、ほんとに目が見えない人が多いです。盲目でもギター一本かついでホーボー(放浪)して、街角やジュークジョイントで演奏しながら生きてたんだからすごい(追記:ジュークジョイント=酒場でゴスペルはないでしょうが)。少人数でも一人でもできる音楽って、障害者がめしをくうための技芸になりえたんですね。日本でいえば三味線でしょうか。

ripozo en paco... maki asakawa

2010
01-19
浅川マキ、心不全でなくなったんだ……しらんかった。ライヴ期間中だったってのがまた……

浅川マキというと「少年」あたりのベタに切ない曲も好きなんですが、ブルーズ好きとしては渋い曲がまたよかったんですよねえ。こういう渋いのをやってきた人がいるんだって、はじめて聴いたときはカルチャーショックを受けました。

「奇妙な果実」「セント・ジェームス病院」などのジャズ・イディオムとしての彼女もいいな~と思うんですが、「夜が明けたら」「裏窓」などを聴くとテキサスあたりのプリウォー・ブルーズをほうふつとさせるんですよね。しかも詞ののせかたがすごい。それがめちゃくちゃカッコいい。や、ジャズだろうがブルーズだろうがいいものはいいに違いないんですけど。もとはいっしょなんだし。

【転載】あれがヘイトクライムだ! レイシストを通すな! 1.24緊急行動

2010
01-19
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

m9 あれがヘイトクライムだ! m9
レ イ シ ス ト を 通 す な !
1.24緊急行動

\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

集  合:1月24日(日)午前11時~ 新宿駅南口出口
(集合場所は変更する可能性がありますので、当日まで「ヘイトスピーチに反対する会」のHPを注視してください)

行動予定:レイシズムに反対する街頭宣伝・フリースピーチを行います。
(レイシスト「在特会」の「ヘイトデモ」に対して言論・表現による抗議を呼びかけます)

呼びかけ:ヘイトスピーチに反対する会
http://livingtogether.blog91.fc2.com/

主  催:「レイシストを通すな!1.24緊急行動」実行委員会

連絡先:livingtogether09@gmail.com

*意見の相違を暴力で解決し、それを正当化してきたグループの参加を認めません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

永住者に選挙権を認める法改正が政治的な日程に上っている。そもそも選挙権とは、それぞれが平等な政治的主体のひとりとして投票をつうじて意思表示する権利であり、上からお恵みのように与えられる特権として扱うべきではない。それは、同じ社会に暮らす人々が互いに承認しあうべき権利である。

だが1月24日、「在特会(在日特権を許さない市民の会)」は新宿区・四谷で臨時大会を開き、新宿駅に向かって「外国人参政権反対」をさけぶ「行進」をするのだと言う。「参政権」要求があたかも「特権」の要求であり、そのような要求をするならこの社会から出て行けと言うのだ。彼らは、日本社会に在住する外国人、とりわけ韓国・朝鮮、中国人への憎悪を顕わにし、この社会に存在する民族的少数者への嫌悪を煽動してきた。埼玉県に住む外国人一家の追放を呼号し、家族の子どもが通う学校を標的にした排外主義的扇動、京都ウトロ地区への脅迫と朝鮮学校への襲撃は記憶に新しい。今回の「行進」もその一環にある。

いったい彼らはどこでどのように問題をはき違えてしまったのか。この問いに答えるために多くの人々が苦心している。

だがとりあえず今はその作業を置いておく。ただここに生きる私たちは、この社会の保守主義が、生まれによって人に身分を与え、たがいを軽蔑させ憎悪させるものでしかなかったことを注視しよう。特定の少数者を二級市民として扱い、まして公民権を奪う社会では、多数派の享受する権利すら、常に与奪可能な「特権」としかならない。そのような社会を問うことすらできず、性や身体や民族を指標に憎悪を煽動することに腐心する「在特会」ら「行動する保守」には一片の未来もない。

私たちは民族的憎悪と性差別をまき散らす行為に怒りを覚えるすべての人々に呼びかける。自らの属性に屈辱を覚えさせられることのない社会を求めるすべての人々に呼びかける。彼らの「行進」に抗議しよう。街頭に立ち、抗議の意思を示そう。

この呼びかけに賛同し街頭宣伝と「ヘイトデモ」への抗議行動に協力していただける方々の参加を求めます。

--- 転載ここまで、以下追記 ---

呼びかけの英訳

Ideology Japan said that This is our society, and they are a symptom of this racist-patriarchal-capitalism called Japan. I think so. Racism is the representative of patriarchal capitalist society.

メモリ増設

2010
01-17
CentOSな某サーバの貧弱な環境について書いたら、とある仲間からなんと1GBのメモリを2つもカンパしていただきました。ありがとうございます。おかげでかなり速くなりました。

MySQLベースのCMSやブログシステムを構築するならメモリぐらい買っとけよって話なんですが、貧乏人は行動がセコくてどうもいけません。とにかくこれでさらなる各種リソースをお知り合いのみなさまに還元できることでしょう。

川端達夫と東レ労組

2010
01-13
川端達夫文部科学相の政治団体・達友会が、実際には家賃を支払っていないのに多額の事務所経費を計上していた問題が報じられた。この事務所経費について川端は「家賃や光熱費は払っていないが、電話代や郵便代などがかかる」と、いけしゃあしゃあといいわけにもならないタワゴトを吐いている。1987~2008年の22年間で達友会が事務所経費とした計上金額は計約6672万円で、一年平均でおよそ303万円にのぼる。「電話代や郵便代など」で年間303万円もコストがかかるなどという事務所の活動内容について(議員自身の政治活動ではない)、川端はくわしく説明する義務がある。このカネはもともと税金だからだ。
 達友会は同じくこの22年間に、事務所経費とは別に政治活動費として1億3943万円を計上したという。読売新聞によると「収支報告書で確認できた05年~08年分を分析したところ、具体的な使途が明かされている1件5万円以上の支出は、関連政治団体への寄付を除き全体の約2割に過ぎず、開示された使途の9割以上は、都内の高級料理店やクラブなどでの飲食代だった」(『読売』2010年1月12日・関西)というから笑わせる。昨年9月にも、キャバクラや「ニューハーフ」パブやスナックなどでの支出を政治活動費として計上していたことがばれてヒンシュクをかいまくっていた民主党国会議員のうちのひとりが、誰あろうこの川端達夫である。このときの川端秘書のいいわけは「法的にはまったく問題ありませんが、不適切なら収支報告書を修正したい」なのだから、厚顔無恥が舌をだしながら大手をふって歩いているようなものだ。もちろん政治活動費がすべて税金充当であるわけではない。しかし政党支部や資金管理団体から支出されたのなら税金をつかったのと同じことだ。「キャバクラ政治活動」が発覚したとき、川端自身は政党交付金からの支出について「区分会計を行って使途を明確にしており、一切ない」としたが、今回の事務所経費問題に際して政治活動費についてふたたび不明朗さが指摘されるのは当然のなりゆきだ。

川端達夫の道行きで注目すべきなのは、達友会が東レ労組東京支部の幹部宅などを事務所にしていたことである。川端がもともと東レ労組の出身であることからして、こうした専用事務所なき事務所経費計上のための融通に同労組幹部が手を貸すのもなれあいの極致としてありうるのだろう。呆れるばかりだ。
 東レは三井系化学メーカーとして名だたる大企業である。そして東レ労組はいまでこそあの大ゼンセン傘下の有力組合となっているが、もともとは旧同盟傘下の化繊系労組として知られてきた。「民主的労働運動」というカンバンをかかげて「左翼労働運動」に対抗し、労使協調のユニオンショップで職場をしめつける路線にあった組合である。
 最近では東レ労組がストをうったとはきかない。組合費からなるファンドはそれなりに潤沢だろう。だからこそ議員を送りだせるほどの政治活動もまかなうことができるのだ。それなら「われらが議員」に多少の便宜をはかるのだとしても、盗匪の汚名を着る危険をおかして税金をかすめとるようなマネにあえて手をかす必要もあるまい。政治資金規正法にしたがって、もっと直接的に支援すればいいだけの話だからである。
 東レ労組の達友会への便宜は、実際のところ名義貸していどの認識だったのだろう。しかし、川端と東レ労組の両者がただ黙ってウヤムヤにしようというのであれば、あまりにもムシがよすぎる。ことは川端が公金(税金)を巧妙に私物化しようとした問題だからだ。そしてそれがまかりとおるほど、このくにの法制度は議員どもに大アマだ。事務所経費とは別件だが、政治活動費も政治資金規正法のいう「規正」のはんちゅうにあることでは同様である。その政治活動費が1件5万円以下なら使途は明らかにしなくてもいいという制度をつくったのは誰か。国会議員と財務官僚である。こんなマッチポンブのザルのもとに税金が吸いこまれていく。ザルの下で口をあけて待っているのはもちろん川端だけではない。
 「とれるものはとる」という経済闘争主義の延長として、専用事務所が存在しない事務所経費の計上に手をそめたのなら、川端は労働組合出身の議員として人より恥を知るべきである。東レ労組は労働者の労働者による労働者のためのはずの団体として不明を恥じるべきである。議員の詐欺まがいの行為が現行法制度において違法であるか適法であるかが問題なのではない。単純に倫理の問題だ。当事者が川端・東レ労組なら、「労組系議員」・労働組合としての矜持さえもが問われていると自覚すべきなのだ。労使協調をうたいもんくに経営にとりいってきた結果のひとつがこうであるなら、右翼労働運動は骨の髄まで「自分たちさえよければかまわない」式の利己主義に陥ったと批判されても文句はいえまい。

ひとつ補足しておく。同盟が提唱した(反共としての)「民主的労働運動」が労使協調であるとしても、人権闘争として名高い近江絹糸争議(1954年)に見られるように、同盟牽引者の全繊にしても闘うべきときは闘ったという史実については留意が必要であろう。現在の「非正規」のわれわれにとって問題は、その闘争性が「企業内」に収斂していき、やがて労使結託の腐敗が貴族政治を生み出したことにある。この秩序をゆるがす異分子は排除される。だからこそ「非典型」「非正規」雇用の労働者は、ものいわされぬ雇用の調整弁という従属的な位置だけを保証されてきたのである。「正社員」だけが人間とされてきたこの労働社会にあって、「民主的な運動」とはなにかということが問われている。ただ「民主」とお題目を唱えるところにこそ裏があるというお寒い現実に、ひとはとうに気づいている。

久々のギグ

2010
01-10
2月末のギグにさそってもらいました。企画はALLIANCEのレコ発です! メンツ見るとみんな息なが~くやってる人たちばかりで意を強くするオッサンなきょうこのごろ。そういうこちらは一年以上ぶりの復活。楽しみだ。ハードコアパンク好きな人はよろしく。パンクなんかしらないよという人もよろしく。レイシストはおとといきやがれ。

Resonant Agitate! vol.2
Alliance 1st LP release gig!!

@Shin-Okubo EARTHDOM
2010/2/28(sun) Open 18:30, Start 19:00~
Adv \1500, Day \1800
ticket: e+, EARTHDOM, NAT, BASE, BOY

LIFE
ABRAHAM CROSS
UNARM
VOĈO PROTESTA
ALLIANCE

2009-2010 越年越冬情報のリンク集

2010
01-01
携帯でもたどれそうな越年越冬情報へのリンク集(随時更新)。取り組みの詳細は主催者にお問い合わせを。そして、だまってのたれ死ぬな。
その他


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。