スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カネの亡者どもの茶番はもうたくさんだ

2009
03-17
政党政治が金権政治であることはいまさらいうまでもないことで、小沢民主党代表がクロかシロかということについてはここではふれない。そもそも、企業献金じたいをクロにしない政治なんか最初からぜんぶクロだっつーんだよ。その意味でほとんどの政党・政治家は真っ黒じゃねえか。

じゃなぜ、このタイミングであえてふれるのか。小沢の秘書が政治献金絡みで東京地検に逮捕されたことについて、麻生が刑事司法のイロハをふみにじってつぎのようにいいはなったからだ。
「明らかに違法であったがゆえに逮捕になった。逮捕となった事実は事実。今の法律でも、それなりにきちんと効果があったから逮捕になったと考えるべきではないか」

(2009年3月16日、参院予算委員会)
被疑事実が捜査機関にみとめられたから逮捕されただけのことだろが! それが「国策捜査」であるかどうかはここではどうでもいい──小沢が米帝サマの逆鱗にふれたからじゃねえの?などの陰謀脳的お喋りをはじめるととまらなくなりそうなのでやめておく;-) 問題は、麻生が三権分立のない近代以前を好んでいるというそのありさまだ。前近代のすべてが野蛮だというつもりはないが、こと刑事にかんしては日本の前近代にみるべきものはなにもない。パクってアげる主体と裁く主体が未分離のマッチポンプ状態で、人権擁護という観点などまるでないという暗黒の世界だったからだ。

起訴前の被疑段階から違法と解釈するような刑事司法はありえない。しかし現代のビリケン内閣の首相サマは、みずからの政治能力のなさにあせるばかりに、敵失に乗じようとふきあがりまくったあげくに墓穴をほる。なんというザマだ。こんなやつが一国の首相なんてたしかにおかしい。

かりに麻生のいうとおりに刑事司法がすすめば、日本はいま以上の野蛮な警察・検察国家になる。被疑者が勾留認容後も捜査機関から独立した刑事施設に収容されずに、法制度上はとりしらべし放題の人権抑圧の条件下に身柄をとられていることそのものが糾弾されてしかるべきである。悪名たかい代用監獄制度のなかでどれほどの冤罪がうみだされてきたかを首相や法相は真剣にとらえかえすべきなのだ。

しかし現実の首相は、推定有罪だから警察・検察はしたい放題にしろとでもいわんばかりの暴論をふりまく自分のすがたさえ理解できない。国会では福島社民党党首が「無罪の推定があるのはあたりまえだ」と批判したというが、まったくだ。そのあたりまえをふみにじる野蛮な首相こそ「名誉毀損」で訴追されるべきである。渦中の人物が起訴され有罪になる可能性がかんがえられるとしても、いまの段階から推定して有罪化することはできない。逮捕=違法ではないのだ。そんなことがまかりとおるならパクられた時点でみんな「犯罪者」だ。そんなバカな! 逮捕=違法だとうなら裁判ぬきで有罪にすればよい。そんなバカな事態がこの「近代国家」下に発現したらいよいよもってオシマイだ。麻生発言のマガマガしさは、意識的にせよ無意識的にせよ、暗黒の体制を要求しているところにある。

そもそも金権政治をおさえるためにという名目でつくられた政党交付金制度があるにもかかわらず、企業・団体献金を全廃としないすべてのガリガリ亡者どもの腹黒さこそがまた問題すぎるほど問題ではないか。1999年の政治資金規正法「改正」は、政治家個人ではなく政党本部への献金なら違法化しないぬけみちを整備したザル法にすぎなかった。その結果、公金である交付金を手にするようになった政党・政治家が献金をうけとらなくなっただろうか。危惧されたとおり、そんなことはまったくない。ぬれ手に粟で交付金(税金)をせしめたうえに、なおカネをよこせと献金の機会をうかがっているのがほとんどの政党政治家のすがたである。ようするに99年以後、議員センセイどもは労せずして過去にも倍するカネを手にすることができるようになったのだ(1)。笑いがとまらないところだろう。

政党交付金制度を「思想・信条の自由」に抵触すると批判し、交付金を受け取らない政党は共産党だけだ(わたしはスターリニスト党は支持しないが、これが現実だ)。このお寒い現実に、われわれしぼられるばかりの被収奪者はなにをなすべきかがとわれている。麻生政権を打倒し、カネまみれの国政そのものもたおし、カネの亡者どもを成敗して「世なおし」すべきなのだ。

金権にむらがる政治家どもよ、おそれおののくがいい。おまえらの貪欲の罪は万死にあたいする。

追記:検察がチョーシこきすぎだという批判的視点については、「ロスジェネ(wって呼ぶな!」の「検察リークの問題点」をどうぞ。

追々記:知人から幕末期司法にもみるべきものはあるとのツッコミをちょうだいしました。この点にかんしては不勉強なので、さしあたり追記で注意喚起のみしておきます。

(1)金額の推移についてはウェッブサイト「日本の政治を糾弾する」がまとめた「政党助成金の年度別、政党別リスト」にくわしい。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。