スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無政府主義将軍マフノのドラマ

2009
04-07
無政府主義将軍といえばネストル・マフノ。

このウクライナ・パルチザンの人生がウクライナ/ロシアでTVドラマ化されていました(制作2005年、RTVi放送06年)。うかつにも全然知らずにいて、YouTubeで検索していてつい最近気がつきました。だれか翻訳して字幕つけてください。ドンパチスペクタクルっぽいから軍オタにも需要あるんじゃないかと…(冗談)。なお、作品の参考情報を英語化したウェップページに The Nine Lives of Nestor Makhno があります。

それにしても、マフノフシチナ(マフノ運動)がTVドラマの対象になるのも、ロシア共産党正史の重圧から「解放」された現在だからこそのことかもしれません。つまりボルシェヴィキ反革命にぶっつぶされたウクライナ労農革命運動史にも、叙情的な歴史ものがたり化がなされうる時間がおとずれたということです。

しかし、アルシーノフのマフノ運動史を訳した郡山堂前氏によれば、「現地の人はマフノ反乱について余所者にはあまり話したがらない、話しても無駄だと思っているらしいこと、しかし同時にマフノ反乱に否定的な態度の人でもマフノとマフノ反乱を誇りにしているようだということ」があります(1)。ここから状況の変化がどうあれば他律的なTV映像化が可能となるのか、むしろそのことのほうが気になります。

現在、ウクライナといえば、親ロシアか反ロシアかというUS帝国の戦略上の二元論にそった報道ばかりがなされ、ひとびとがどうであるかを伝えようとするマス・メディアはほとんど存在しません。もちろんインディメディアなどの独立メディア運動体が存在しているので、その気になれば情報はいくらでも入手することはできるでしょうし(ただし言語の壁がありますが)、また運動体からの情報もあるわけで、マフノたちのたたかいが提起した自由共産の革命運動の今日的な意味がどうあるのかということは、たとえつたないものであっても考究されうべきものだと思います。

むしろ金融資本主義崩壊後の世界にあって、「自分の運命を自分自身の手に握り、自分の生活を自分自身の意思、自分自身の真実によって建設するためにこそ、われわれは勝つのだ」(2)というマフノ運動の意義が生かされるべきであり、懐古趣味の叙事詩はほんとうは必要ないのであります。

(より理論的な関心でいうと、マフノ運動は革命の扼殺者=ボルシェヴィキに敗北したのち、アナキスト総同盟論というこんにちにまでおよぶ組織論的問題を提起しているため、運動の総括はたんなる訓古学にとどまらないはずです。)

(1) ピョートル・アルシノフ『マフノ運動史 ウクライナの反乱・革命の死と希望』(郡山堂前訳、社会評論社、2003年)の訳者解説より。同氏は1999年から2001年にかけてドニエプロペトロフスク市(旧エカチェリノスラフ市)に滞在し、「現地の人」の反応を直接経験しているとのこと。
(2)ドイツ・オースリア軍兵士やコザックに向けたマフノ初期のビラより:「勝利か死か──歴史的瞬間としての現在、これこそがウクライナの農民が直面している問題である。だが、われわれの全てが死ぬことはありえない、われわれは余りにも数が多いからだ、われわれは──人類そのものだからだ。それゆえ、われわれは勝つだろう。だが、これまでのように、新たな主人に自分の運命をゆだ ねるために、われわれは勝つのではない。そうではなく、自分の生活を自分自身の意思、自分自身の真実によって建設するためにこそ、われわれは勝つのだ」(前同 p.55)

文献(絶版本ばかり)
  • ヴォーリン『知られざる革命 クロンシュタット反乱とマフノ運動』(野田茂徳・野田千香子訳、現代思潮社、1966年)
  • ヴォーリン『一九一七年・裏切られた革命 ロシア・アナキスト』(野田茂徳・野田千香子訳、林書店、1968年)
  • ポール・アヴリッチ『ロシア・アナキズム全史』(野田茂徳訳、合同出版、1971年)
  • ピョートル・アルシーノフ『マフノ叛乱軍史 ロシア革命と農民戦争』(奥野路介訳、鹿砦社、1973年) 郡山訳は新訳
ウェッブサイト

Trackback

Comment

「>組織論的問題を提起しているため
のとこを詳しく知りたいし(自分で調べたいと思ってます。決して趣味に陥らずに)、自分の今ここでいかしたい!!と思ってます。
それは、日本の「無政府共産党」、「農村青年社」も参考に。またNEFACとNYMAAの関係性などはもっと知りたいたいな~と思ってます。
「組織」とは何か!?どのように!?をもっと相互刺激、相互批判をしながら、自覚的に意識的に創り上げていきたいというかそんな思いをしてます。
それは、それぞれと言うな名で分断されまくった個(勿論、自分も含みます)が、分断を乗り越え、それでもなお「個」を持ち続け、その「個」からいかに「共に」を創れるか!?と思ってます。」
  • 2009-04-08│01:51 |
  • gotcha1977 URL│
  • [edit]
簡単なメモ
★20年代:マフノら「ディエーロ・トゥルーダ」グループの組織綱領提起が論争をよぶ(マラテスタ、ヴォーリン、ファブリらが批判)
★30年代:ファシズムの登場とそれへの闘争のなかで、論争の実践的深化は停滞。フランスでは人民戦線に収斂するコーポラティズムが席巻、革命的サンディカリスムは影響力を失う。ただしスペインではCNT-FAIという「大衆組織‐イストの集合」という二重の集団性のもとにアナキストの運動が逆に拡大。「アナキスト大臣」ら「指導者」が官僚化の罠にはまりこんでいったのに対し、「ドゥルティの友」が対ファシスト・スターリニスト戦のさなかに革命組織の訴求をおこなうものの、ときすでにおそくスペインはフランコに支配され、おおぜいの革命派が抹殺される
★大戦後:ナチから「解放」されたフランスで組織問題再燃、1953年にFCL(Fédération Communiste Libertaire, 自由共産主義連盟)のフォントニが「自由共産主義宣言」を公表。シンセシス(綜合派:連合ありきのゆるやかな提携組織をとる流れ)のアナ連との分岐はじまる
★「ディエーロ・トゥルーダ」の26年綱領、「ドゥルティの友」の諸文書、「自由共産主義宣言」ら流れをくむとする綱領主義の潮流が形成され現在にいたる

とにかく26年綱領と論争についてはアーカイヴがありますから、ひとのタワゴトよりそっちを直接読む方がいいと思います(英語なら以下……って言葉のカベの問題はおおきいな)
http://www.nestormakhno.info/english/

森川さんによる綱領の日本語訳
http://www.ne.jp/asahi/anarchy/anarchy/data/opgua-intro.html

綱領主義的な組織論とことなる流れとしては、蜂起的(insurrecionary)アナキズムの行動組織論などがあります。バクーニン─マラテスタ─ボナンノ(Alfredo Bonanno)などの系譜というと属人的ないいかたですが、それで伝わるイメージもあるかと。いやだれにも伝わらないか。卑近ないいかたをすれば、ようするにドンパチ派の集合について。ちなみにボナンノは、90年代にイタリアでふきあれたアナキスト大弾圧でテロの親玉にされて収監されたままです(今年釈放予定だとか)。

それからNYMAAなんですけど、これって諸グループの地域的連絡会以上のものではないのでは? NEFACの2つのメンバーコレクティヴがそこに参加していますが、友誼以上のなにかがあるとも思えません。実際のところはしりませんが。

俺はむしろ現場共闘のための収斂のありかたと、政治的な展望をもとうとする組織とのあいだによこたわる深いミゾが気になる。蜂起をいう人々にしても、できうるかぎりの現場の集合と、蜂起という「理念」をかんがえる集団とのあいだに距離があることを自覚していることだと思います。

無前提の非暴力プロパガンダからはなにもうまれない、かといって暴力革命ありきというような神話もちょっとね、という思考停止しているあたりからはじめないと。ってだれにいってんだ?
  • 2009-04-09│01:36 |
  • noiz URL│
  • [edit]
>俺はむしろ現場共闘のための収斂のありかたと、政治的な展望をもとうとする組織とのあいだによこたわる深いミゾが気になる。

そうですね。それは自分の中にもあります。「理念」だけでは決して解決できない事が多すぎると思い、自分の中でミゾを感じます。正しい理念とかでは答えにならない、もっとドロドロしたものを感じるというかそんな感じをしてます。なんかよく分からないコメントになりすみません。でもそのドロドロ感は必要だと思います。
「アナキスト直接行動偏史」も再度読み返します。
  • 2009-04-09│23:06 |
  • gotcha1977 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。