スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノー・パサラン!

2009
04-12
カスティーリャに ¡No Pasaran! ということばがある。「(やつらを)とおすな!」という意味いみだ。1930年代ねんだいたいファシストせんのさなかに人民じんみん戦線せんせんのがわでさけばれたスローガンである。そのはんネオナチや反ファシズム(アンティファ)の運動うんどうであいことばのようにしてつかわれてきた。

きのう、埼玉県さいたまけん蕨市わらびしで「保守ほしゅ」を自称じしょうする民間みんかんファッショのデモがあった。主催しゅさい関係者かんけいしゃのひとりはヒトラーの擁護者ようごしゃで、人類じんるいにたいする罪人つみびとである。デモでかかげられた主張しゅちょうは「不法ふほう外国人がいこくじんはでていけ」というものだった。これにたいして「きることは犯罪はんざいじゃない」とのスローガンをかかげた抗議こうぎ行動こうどうがよびかけられ、結果けっかとして抗議行動がわに二人ふたり逮捕者たいほしゃがでたという。

わたしは現場げんばにいなかったので、その抗議行動についてはなにもいえない。いうつもりもないし、その資格しかくもない。しかし「生きることは犯罪じゃない」のスローガンを支持しじする。日帝にっていのこれまでの「経済けいざい侵略しんりゃく」をかんがえれば、あるいは現状げんじょうにおける内外ないがい支配的しはいてき資本しほん結託けったくをみれば、「不法滞在たいざい」などということがいかに盗人ぬすっと猛々たけだけしいものであるかがハッキリしている。

資本しほん超国籍的ちょうこくせきてき活動かつどう自由じゆうはあるのに、ひとの移動いどうの自由がない。しかし人間にんげんはもとより生きるために移動するものである。いうまでもなく、この列島れっとうのマジョリティとされる「日本人にほんじん」も、おおくのひとびとがまじりあってかたちづくられている。

よりよく生きようとするひとびとの奔流ほんりゅうはだれにもとめられない。だからこそ〈わたし〉/〈わたしたち〉「日本人」には、みずからが歴史的れきしてきにどのような存在そんざいであるかを自省じせいしながら、マレビト(客人・稀人)と交流こうりゅうしていくことがまず必要ひつようなのだとおもう。定着ていちゃくをのぞむマレビトは〈わたし〉/〈わたしたち〉「日本人」の隣人りんじんであり、またホマラニスモ(人類人じんるいじん主義しゅぎ)の立場たちばにたてば、マジョリティとしてどうふるまってきたのかというみずからの歴史的性格せいかくをなげすてるわけにはいかないが、〈わたし〉/〈わたしたち〉「日本人」もまたマレビトにすぎない。

ファシストをとおすな! レイシストをゆるすな! だれも犯罪者なんかじゃない! ¡Alerta, alerta antifascista!

Trackback

Comment

これ、いいぜ。
半分むつかしいけど、いっていることはその通りだ。
90%、わかった。

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。