スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac mini (ppc) + Debian GNU/Linux (lenny/squeeze)

2009
07-12
ノートブックの液晶が死亡したため、自宅で使える計算機がなくなってしまった。しょうがないのでハードディスクが死んだまま休眠させていた Mac mini(PowerPC)を復活させるかってんで、秋葉原で 2.5 inch(Ultra-ATA)のハードディスクを購入。

で、やっぱりこう思うわけだ。どうせ OS のクリーンインストールするのに、ただ Mac mini を Mac として復活させるだけでは芸がない。われらが Debian が PowerPC に対応しているではないか :-)

(一瞬 NetBSD や OpenBSD のことも頭をかすめたが、これからまたひとり追究するのはめんどうなのでなかったことにした)

というわけで(?)買ってきたディスクのパーティションきり、Mac OS X と Debian GNU/Linux のデュアルブートな環境に。後者の環境ではキーマップに一部おかしなところがあるが、それはおいおい直すとして、Xfceのデスクトップ環境でま~サクサク動いてくれること。あくまで体感だけど、Mac OS X(Tiger)より速い気がする。

なお、インストールに使用したのは PowerPC 用の netinst CD(→CDイメージの一覧)。ほんとは ext4 がサポートされている squeeze の CD からいれるつもりだったが、この CD に収録されているインストーラではなぜか swap 領域のマウントに失敗するのであきらめた。いったん lenny の基本システムだけをいれて squeeze にアップグレード。それからもろもろアプリいれてみたところ、というのがただいまの状況。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。