スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オアハカでの虐殺

2008
10-04
オアハカ州。メヒコ最貧地域。インディヘナの自治運動が虐殺という支配者の返礼に見舞われる地域。そこでまた「外人」が殺された。

インディメディアのジャーナリスト Brad Will がオアハカ州で虐殺されたのは2006年10月27日。そして08年9月24日、USユージーン出身のフェミニスト Marcella “Sali” Grace Eiler の他殺体が発見された。痛ましいことに、状況から見てレイプされたあげくに虐殺されたとのこと。

- Justice for our sister Marcella Sali Grace! オリジナル・カスティージャ語版
- Hasta Siempre Sally Grace: Another US Activist Murdered in Oaxaca
- March for Sali in Oaxaca 9月30日のマーチ
- Flicker に残された Sali の手によるオアハカの写真
- sali - pictures 友人によるメモリアルサイト

オアハカには(も)制度的革命党の意を受けた準軍組織が存在しており、ファシスト民兵が自治運動を弾圧する「汚い仕事」を請け負っている。オアハカにおける自由を求める闘いは、即ち死を覚悟してのものとなる。

無論、オアハカで殺されるのは「外人」だけではない。燎原の火のように広がる自治運動に恐怖する州政府によって、激しい弾圧が繰り返されてきた。いったいどれだけ多くの人々が殺されてきた/いるのか。APPOによれば、06年の衝突以来、同年11月時点で犠牲者17名、行方不明者70名を数えた。厳しい状況については以下参照。

- メキシコ・ワハーカで起きていること
- メヒコ:オアハカのアナキスト囚人に自由を!

オアハカの自治運動体など

- APPO オアハカ人民民衆集会(先住民団体、農民団体、労組などの連合組織)
- CIPO-RFM オアハカ・インディヘナ民衆評議会「リカルド・フローレス・マゴーン」
- ¡Oaxaca en Pie de Lucha!

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。