スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】渋谷警察署の横暴を許さない!反弾圧カンパのお願い

2009
08-06
色々思うことがあるが転載だけ。カンパ! 金ねえよ! お金持ちよろしく。

渋谷警察署の横暴を許さない!反弾圧カンパのお願い

 昨年11月、渋谷の野宿者に対して指紋採取・写真撮影攻撃を強行した渋谷警察署だが、野宿者や外国人など「持たざる者」に対する排除・排斥主義に基づいた弾圧攻 撃はとどまることを知らない。去る5月30日イラン人のAさんが、ケバプ屋台の賃金をめぐりトラブルがあったイラン人のBさんと喧嘩沙汰になり、渋谷署東口交番から渋谷署に任意同行の末、暴行の容疑で逮捕された。被害者であるBさんは何ら受傷 していないのにかかわらず、右薬指打撲、左肘擦傷など受傷したAさんのみが逮捕されたである。のじれんとして昨年4月再来日以降野宿状態であり、統合失調症の既往 歴(現在は治癒)のあったAさんを支援してきた。7月、精神科を退院し、町田のSSS(悪名高き生活保護施設)で生活保護を受けていたAさんが今年5月退所処分になり、荷物を廃棄されたことについて、町田福祉事務所にともにかけあう矢先の逮捕だった。Aさんの突然の逮捕を受け、即座に救援態勢を組んだが、勾留期限の6月10日面会に行ったところ、暴行の件は釈放になったが、再逮捕されたとのこと。その 容疑は電磁的公正証書原本不実記録・同供用ということが弁護士の追及で判明した。6月12日付の東京新聞や産経新聞の記事によれば、ケバプの屋台に使用する車が東京都の「ディーゼル車規制」のため車検を取る際、居住実態のない他県に住民票を移し「不正に登録を受けた」としてAさんともにBさんも同容疑で逮捕された。さらにAさんの外国人登録証の住所が町田のSSSになっており、そのことも同容疑に問われているという。
 警察権力は一体何を問題にしようとしているのか!かかる「被疑事実」において誰が不利益被っているというのか!Aさんは離婚したとはいえ、永住資格があり、日本人の妻との間に4人の子供がいる。その子供さんたちとの関係もうまくいっているとのことだった。私たちはこの間の「在特会」と称する連中の差別、排外主義攻撃と今回の渋谷という地域に現れた弾圧と同質なものを見る。
 Aさんは6月30日略式裁判で30万円の罰金の判決を受け釈放されたが、8月14日の期限まで罰金を納付することが困難で、このままでは60日間の労役場行きの可能性がある。
 またAさんの逮捕に先がける形で、2月、渋谷駅国道246号沿いガード下で野宿していた仲間Cさんが酒に酔った通行人からダンボールを蹴られ、追及したところヘッドロックなどの反撃を受け、防御するために指の一部を噛みちぎるという「事件」があった。Cさんは東京地裁から執行猶予付きの有罪判決を受けたが、全く野宿者として日常的に通行人から受ける暴力について判決に反映されてないことや、「被害者」とされる通行人の検察調書を追認した判決を不服として控訴審を闘うことを決意した。
 Aさんの「事件」といい、Cさんの「事件」といい、渋谷署の差別、排外主義に満ちた「持たざる者」の弾圧に対して、私たちは絶対にその追及の手を緩めない。
 つきましてはAさんの30万円の罰金やCさんの控訴審費用に対して、多くの方々のご注目、ご支援とともに、現金カンパをよろしくお願いします。

のじれん 渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合
連絡先 080−3127−0639
カンパ送り先 郵便振替00160−1−33429 「のじれん」(反弾圧カンパ とお書き添え下さい)

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。