スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なみだの放浪

2009
08-07
せっぱつまっていた一件が一段落して、久々に街「放浪」のあげく漫画を買ってきました。

『放浪息子』9巻(志村貴子)、なみだなみだの放浪展開。めざとい人には旧聞でなにをいまさらなんですが。

主人公は「女の子になりたい」男の子、中学生。もうそれだけでなみだ(ぉぃ)。巻末では、「女の子/男の子」という思春期のゆれ(だけ)がモメントじゃないんだって主人公の意思がかいま見られるくだりがでてきます。ここでまたなみだ。あのーこれ漫画なんですがって、分かってますよ。

それにしても他校のセーラー服きて学校にいっちゃう放浪ぶりは……作者よくやった。このくそ差別的な社会(子供社会ふくむ)で越境しようとするものは「弾圧」されるってところを、オブラートにくるんで読ませるのがね、なんといえばいいのか、絵柄がかわいらしいのでさらーっと読めそうなのにまいど肺腑をえぐられるような感じになっとるわけです。

おしむらくは主人公が「かわいい男の子」で、「ブサイクな男の子」じゃないところ。それじゃ漫画にならないのか。いやそんなことはないはずだ。ただし作中には「かわいくない」と「自覚」している男の子が主人公の親友としてでてきます。かれもまた越えたい人。

画面が白いとかキャラの描き分けができてないとかいろいろいわれてきたようですが、テーマ偏重愛好読者にとってはそんなことは二の次なのだ。

巻末のおまけで作者が「汚部屋女」だってイシデ電が暴露してますが、ぼくんち「汚部屋」。うへへ。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。