スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休 乱世に生きた禅者

2009
08-07
『放浪息子』と別のとこで買ってきたのが一休さん本。『一休 乱世に生きた禅者』(NHKブックス、1970年12月)。200円也の貧乏読書。著者の市川白弦は仏教者(宗教者)の転向問題にとりくんだアナキスト禅者です。くわしくは白仁さんによる解説を。72年還俗とのことなので、坊さんだったころの著作ですね。あわせて再読しようと思っていた中公クラシックスの『狂雲集』がみあたりません。汚部屋のどこかにあるはずなのに。

(追記)白弦さんて黒衣同盟の運動を禅宗(臨済宗)でも実行しようとしたんですよね。浄土真宗における黒衣の意味とその後の同胞運動については、小武正教「袈裟と僧階制度 ─「僧侶の水平運動」・黒衣同盟に学んで」をどうぞ。七条袈裟批判の真意とかが簡明に解説されています。
 真宗には黒衣同盟や同朋運動がありますが、どうやら浄土宗の方には黒衣に特別の意味をこめた運動はないようですね。法然さんを追慕する黒衣行脚・法要があるようですけど、ふだんは白衣金襴じゃね~。そもそも袈裟をつける意味なんて、縫い合わせたボロきれ(糞掃衣:ふんぞうえ)をまとうところにこそあるんだから、坊主はみんな本源にたちかえるべきなんじゃないかと思うのですがいかが。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。