スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会運動を語るデマと「現場」・その2

2009
09-15
出先から執念深く追記、記事をあらためることにした。

さきの記事では「自分のかかわりのある範囲で言及された部分にのみ反応しておく」としたが、ここで指摘することは「間接的なかかわりの範囲」でのものになる。
理念派の中にも山谷などのホームレス運動に参画する者はいましたが、社会全体の貧富階層構造を具体的に論じようとする理念派は、昨今の非正規労働問題までおりませんでした。

http://h.hatena.ne.jp/hizzz/9234071495480631220
この記述すべてが謬見である。寄せ場の運動にかかわろうとする「理念派」は、寄せ場や近年では無宿をふくむフィールドを、つねに社会全体にかかわる構造的な階級の問題として追及/追究してきたはずだからである。そのアウトプットの典型が1988年から刊行されつづけている『寄せ場』(寄せ場学会年報)だ。個々の研究内容やその立ち位置をどう評価するのかということはさておき、近年では移住労働者がおかれる状況もまた問題の射程としてとらえられている。誤解をおそれずにいうと、それは「越境する持たざる者」の自己認識にかかわる問題設定である。また「ニコヨン」の〈当事者=運動者〉であった平井正治の『無縁声声 日本資本主義残酷史』(藤原書店、1997年4月)が、アカデミーに籍をおくものたちの支援によって成立したことなども人は知るだろう。
 「持たざる者」という認識のフレーム(枠組み)が追及する範囲ははばひろい。ひとりの貧困はみんなの貧困という問題意識がそこにはあるようにも思われる。こうした問題意識を反映する近年の運動に、「持たざる者の国際連帯行動」がある。それは東京・山谷の活動者がフランスの社会運動に接触することで2003年にはじまったものではあるが、年一度の集会・デモはいまなお日雇全協などが主体的にになっていることに示されているように、日雇・野宿労働者の運動の尽力によって成立し、現在にいたっている。もちろんそこには日雇・野宿労働者運動にかかわる人々だけでなく、かかる運動との連携を模索している諸個人・運動体が協力している。そしてこの「持たざる者」の運動においても「理念」をあつかう立場であろう人々が合流していることは、運動体が公表する情報だけを見ても容易に了解されるところなのである。
 しかし上記の引用にみられるように、「最底辺」とされる人々の社会的営為はつねに「見えないもの」として隠蔽されてきた状況がこの社会にはある。〈いま・ここ〉の存在が自らの存在を主張するにもかからず、その協力者の存在もふくめてまるごと見て見ぬふりをする態度が横行しているのだ。なんという差別的な状況であることか。もちろん、ある社会運動が社会的に周知されないという問題は主体的力量の限界をも照射し、その運動主体にとっての省察さるべきことがらとしてあるともいえよう。
 あるいは、同様の限界によってやはりなかなか周知されないが、女性─「主婦/パートタイム労働者」の立場から生活と労働の問題を撃ちつづけた運動体に、「パート・未組織労働者連絡会」がある。その歴史は古く、1970年代後半から各種媒体での積極的な発言があり、ウェッブサイトも90年代後半から存在している。ほとんど個人的ともいえるこの運動の主体は、当事者であるとともに「理念」的な内容を把持する発言者でもある(その足跡は村上潔によるまとめが参考になる)。そしてこのような発言者の背後には、だまって同様のたたかいをつづけることで発言とする無名の人々がそれこそ無数に存在しているのである。そのことは労働問題にかかわる裁判闘争の記録にあたれば十分すぎるほどに分かる。判例の蓄積による労働の法理はまた、かかる〈当事者=運動者〉の社会的発言のあととして残されてもいるのだ。
 集会やデモや裁判闘争といった公的に訴求する試みそのものに気がつかず、また気づかないフリをしているか本当に気づかないマスメディアや傍観者の大勢にならったまま、貧富の偏在や階級の問題を論じるものが近年まで存在しなかったとまとめあげる憶断は、差別と収奪の構造を補強する怠惰でしかない。社会運動を論述するさいに慎重さが要請されるのは、運動史を問題とするはずの語りのなかでさえ除外される人々がつねに存在させられてしまうためでもある。こうした陥穽の問題にとり、論述しようとするものすべてがその潜在的当事者だ。だからこそ自戒もこめて、わたしは上記引用のいう状況論をここで否定する。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。