スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野苺の声

2009
11-06
野苺の声
(詞曲:nelleven)

わたしはもう目をあけていた
目覚めの疼痛をやりすごして
四方から風を感じるためにわたしは腕をひろげ
突き刺すような操縦をはらいのける

わたしは温室の花じゃないから
あなたが優しいふりをする必要なんてない
わたしはあなたがたの虚偽にみちた顔を理解できない
ただ真実の自分と向かいあう

わたしたちには夢がある
わたしたちには伝えるべき考えがある
あなたは自分自身を裏切ってしまったけれど
わたしたちまで売りわたそうとしないで

わたしたちには夢がある
わたしたちには伝えるべき考えがある
あなたが信念を棄ててしまってから
わたしたちは灰燼のなかから外に出ることを選んだ

安静は認めて同意することではなく
平和は承知して引きさがることでもない
あなたの傲慢がふたたびわたしを焼くのだとしても
わたしはもう二度と沈黙はしない


2008年11月6日、街頭行動をおさえつける台湾警察の弾圧に抗議し、台北の学生たちが行政院前にすわりこんでから一周年。弾き語りの曲「野苺の声」もまた宣伝の役割をになったが、上記はその粗訳(素人訳のため内容無保証)。

○11月6日午前11時ごろから、学生たちが行政院前ですわりこみを開始。要求は以下のとおり(詳しくは行動声明を参照)。
 一、對於警察濫用國家暴力、侵犯人權的行為、法務部、監察院及相關機關應進行調查、儘速公布結果,並追究其行政與法律責任
 二、對於做出相關決策、發佈命令的政府首長、司法、立法、監察機關應追究其政治與法律責任
 三、立即修改違憲的集會遊行法、落實對於人民言論、集會、結社自由的保障
○7日、すわりこみの学生は200人ほど。午後4時ごろ、一部の学生が警察によってごぼう抜き排除され、学生たちは自由広場(中正紀念堂)に再結集してすわりこみを続行。以後、すわりこみが各市に飛び火。
○9日、1990年の「野百合運動」(台湾民主化を要求する学生運動)をもじり、学生たちが「野草苺」と名乗りはじめる。各層からの参加や物資支援がつづく。
○10日、学者が連帯声明を公表。
○15日、他市の学生も合流して自由広場で行動。
○12月7日、無届けのデモ。主催発表3000人。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。