スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーズは身をたすく

2010
01-19
で、浅川マキの「裏窓」を聴いていると、なぜか Blind Willie Johnson(楽曲はブルーズのゴスペルシンガー)を思い出すことがあります。Blind Willie というとダミ声の伝道師で全然にてないじゃん!って感じもしますが、マキさんのややヴィブラートがかかったかのような歌声は、“Dark was the night, cold was the ground” なんかの(めずらしくダミ声ではない)モーンを連想しちゃうんですよねえ。モーン(moan)というのはうめくような唱法のことです。“Dark...” は全編モーニングとハミングで歌詞がありませんが、キリスト磔刑への挽歌という解釈もあるようです。

ちなみに Blind~となのったブルーズやゴスペルのシンガーは、ほんとに目が見えない人が多いです。盲目でもギター一本かついでホーボー(放浪)して、街角やジュークジョイントで演奏しながら生きてたんだからすごい(追記:ジュークジョイント=酒場でゴスペルはないでしょうが)。少人数でも一人でもできる音楽って、障害者がめしをくうための技芸になりえたんですね。日本でいえば三味線でしょうか。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。