スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり基本は黙秘

2010
03-10
賃労働者という意味ではわたしにとっても同族であるはずの教育労働者への弾圧の件。
  • マスメディアの報道にかぎってみると、自治労のひとりはかなり「うたっている」ようだ
  • しかし北教組の被弾圧者は依然として黙秘をつらぬいている(報道で言及がないのはそういうことだ)
  • 他方、小林議員は地検から要請があれば任意聴取に応じるとマスメディアに対して発言
なんだよ議員ビビってんのかよ。やりあうなら起訴後の公判という状況になってからで十分だろ。これだから議員センセイってやつぁ信用ならねんだよなー。そんなにテメーのステータスが大事か。黙秘でがんばってる「仲間」のことをどう考えてんだよおい! こりゃ北教組の人らが結果的に貧乏くじひかされてるようなもんじゃねぇか。こんなこというとお前は分断に手をかすのかと怒られそうだけど、ちょっとあまりにも……反弾圧という意味では攻撃にあっている人らすべてに「頑張れ」というしかないんだけど、ここまでくるともう悲惨(黙秘組が)としかいいようがない。

労働組合運動とはぜんぜん違う局面でのことですが、「中」で対応が割れて救援が困難になるという煮え湯をのんできた経験があるので、とりわけ黙秘組の境遇をおもうと暗い気持ちになります。いっていの規模をもつ組合運動にとって被逮捕者がでるような「闘争の季節」はとうの昔におわったことなのかもしれませんけど、現在の事態は「かまえ」はいつの時代も必要だということを物語ってるんじゃないでしょうか。

ともあれ、労働者の皆さん! 獄入り意味多いの精神でひきつづき黙秘で頑張れ! ってここでいってもしょうがないけど書いておきます。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。