スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ・カルチャー・マガジン『remix』絶賛死亡中

2010
05-12
みなさん、クラブミュージックって好きですか?

「クラブ・カルチャー・マガジン」だった『remix』って知ってますか?

なにをいまさらですが、その『remix』がスタッフの給料未払い(3ヶ月分!)をやらかして、もう一年も逃げまくってるって知ってますか? 知ってますよね。

突然の季刊移行と誌面の変化に変だな思ってた人たち、あなたたちの直感はただしい。

詳しくはフリーター労組・プレカリアート争議団にゆずるとして、スタッフに払う払うといって賃金を払わずに働かせ、あげく編集部からしめだした『remix』(株式会社アウトバーン)は社会的に自殺しました。

雑誌の命脈を絶ったのは……てめえだよアウトバーンの社長・神山鐘和! 労基署からの命令も無視し労組との団交も拒否して、それで逃げられると思ってんのか。つうか労働委員会から救済命令出たらどうするつもりなんだ?(争議団は「地獄の底までも神山社長を追いかけます」だぜ)。しかしよお、逃げをうって時間稼ぎしてる間にも雑誌発行しつづけるとかどんだけセコイんだよ。「2000年代を総括する」(No.220)とかごたくを並べるまえにまず未払いを清算しろや。恥を知れ恥を。

いまなお『remix』に協力してる人は、雑誌「リニューアル」の舞台裏でどんなにひでえことが行われていた(いる)のかをよく調べて、あらためて考えてみるべきだと思います(季刊化に際していくらかは聞こえてきてたはずだから)。音楽好きな外部の人間だから未払い賃金問題なんか関係ねーというなら、まあいいや。反労働者の肩書きを手にするって覚悟はできたってことだろうから、そういう階級敵にゃあいうことなんかありません。

2010 RENEWAL?  No, remix zine IS DEAD!!

【追記】
「音楽」雑誌のことだからってあえてとりあげる自分の根性もいやらしいが、でも賃金未払いなんて世の中にゴマンとあって残念ながらremix事件は氷山の一角にすぎない。音楽好きだから、○○好きだから、搾取されすぎててもがまんしちゃって、それで業界が、社会がまわっていく… まさに世間虚仮。おれはこの世界を虚仮(こけ)といってかかわりをたつような上等な精神ももちあわせちゃいないけど。

Trackback

Comment

詳しい事は知らねぇですが、一言だけいいかな?
生意気なこと言わせて頂くと、この件については、社長さんも経営者責任や行動モラル、言論の責任については此処では置いとかさせてもらうけど、労組の一部の馬鹿タレの演説のせいで、未払い分の給料を肩代わりしてくれるはずだった人がアノ映像をみて優しい心を傷つけられてしまい、救済措置に迷いが出たから当方から止めましょうと言ったのが決め手でしたが、破談になったのは事実です。俺の叔父は某県労組の創設者でもあり思想には反対意思は無いが、あの薄ら馬鹿どもは建設的行為は一切していないと物申したい。 だいたい終着点すら見えてない感情的な行動と断言する。文句が有れば小生自ら事務所に出向いても構わないから論破してみなさい。
一言じゃねえじゃん
 おっとっと。こちらは更新停止するから連絡やコメントは移設先へと書いてるのに、ここにわざわざ書くとは。
 それはともかく、ものごとの順序をこれだけ無視できるってのもめずらしい。いいですか、こうやって言及してる時点で給与未払い問題勃発からすでに一年以上も経過してるんですぜ? しかも経営は交渉にまじめに応じない、労基署からちゃんと給料支払なさいと命令が出ているのに逃亡しつづけた。その間にちゃっかり雑誌を出していたことの不誠実さは形容しがたいほどヒデェ話だよ。そりゃガキがきいたって簡単に分かること。まずこの基本をふまえてから発言してもらいたい。

 さて、なおやさんの発言をみると、まあ反労働者的なものいいに満ちていていちいち指摘するのもイライラしてくる。
 第一にまず権威主義の問題がある。上記したような経営側の一方的に不当な振る舞いをあえて無視して争議行動だけを問題視するオノレの発言を正当化せんがために持ち出したのであろう、「叔父」さんの話。だからなんなの? 「叔父」が労組幹部であることをちらつかせればおれが気をつかうとでも思ったのか? ひかえおろうってか。ばかばかしい。remix経営者問題(断じていうがこれは経営者の問題)にあんたの叔父さんは関係がない。当事者じゃない。むしろ労働者側を叩こうとするフテエ話にもちだされる叔父さんが労組関係者だけに実に気の毒。
 第二に、叔父に労組のおえらいさんがいると発言し、その「思想には反対意志は無い」としておきながら、事実上労働者側の立場に反対しているかのような態度を披瀝するヌエ的態度の問題。
 なおやさん、あんたさ、経営側の非道にはいっさいふれずに(「此処では置いとかさせてもらう」ってなんで? それが労使間交渉が紛糾した根因だってのに)、当事者・労組側が実に根気よくながーいながーい時間をかけて誠実すぎるほどにまじめな態度で交渉にあたってきたのにもかかわらず、違法行為をつづける経営者が逃亡しようとするから争議行動にいたった経緯をあえて無視して、「労組の一部の馬鹿タレ」「薄ら馬鹿ども」と労働者・組合側だけを一方的に論難・罵倒するってのはいったいどういうわけ? そんなに自分の権利を守ろうとする労働者が気にくわない? 働いた分の給料をもらおうとするのって当然だろう。遅れた給料をあとでもいいから払ってほしいというのは、じつにつつましい「要求」じゃんか。それをふみにじって問題を爆発させたのは経営側だ。問題を長期化させ混乱させたのは経営側だ。あんたもしかしてめちゃくちゃなことをしてきた経営者の立場を代弁しようとしてんの?
 第三に、労使問題を無視した善意の「第三者」をちらつかせていたずらに話を複線化させようとする意図の不明瞭さ。
 労使交渉は労働者(労働組合)と経営者(経営責任者)が対等な立場で行う問題解決の手段だということは、なおやさんだってクチバシをつっこむんだからわかってることだろう。当事者以外が交渉の舞台から排除されるように労働法制で規制されるようになったのは、一般的に資金力・組織力に有利な経営側が暴力団をやとって労働者・労働組合を弾圧してきた血の歴史が過去にあるからだ。必要な法規制というやつだな。だから第三者の登場は時と場合によっては問題をこじらせることもある。
 したがって、かりにあんたがいう善意の第三者がいたとしても、労使交渉の慣行からしても法制度上からすれば表向きは介入の余地はほとんどない。「大人の対応」ってことはたしかに制度の外にしばしばあるもんだってことはよく分かる。あるいは問題の解決に寄与するイレギュラーな結果もありうる。そのことは否定しない。しかしね、「優しい心を傷つけられた」って、当事者でないあんたがいくら称しても、第三者の名前さえ明らかにできない話は単なる無責任なうわさ話のレベルにとどまってしまうわけ。そんなこともわからねえからあえてペラペラしゃべったんだろうが、あんただってその「優しい」人の名前をかってに持ち出せないからこういう書き方になるんだろう?
 しかもその優しい人の「救済」の意志をあんたが阻止したと自慢げに語る。まさに語るに落ちるというやつで、経営側の非道にはふれずに労働者・組合側争議行動だけをあげつらう魂胆だけが突出してる。しかも「詳しい事は知らねぇですけど」などと最初に逃げをうっておきながら、労働者側を罵倒する狡猾さ。「知らねぇ」はずなのに一方的にフキまくるあんたはなんなの、とふつーは思うわな。
 それに、本当に問題を解決させたいと思っている善意の第三者がいるとすれば、アドバイザーのつもりで交渉話について簡単にしゃべってしまう人間のウカツな振る舞いこそ制動かけるべき対象であるだろうなぁ。本当に解決させたい気持ちがあるなら、楽屋話みたいなもんは表に出さない・出させないのが「常識」。それともなおやさんはその「優しい」人をさしおいて、善意のイレギュラーな交渉を壊したとかいう話を自慢したいわけか?

 そもそも、争議行動にいたるまでの経緯を考えれば、問題はすでに単純なものじゃなくなってることは明らか。無給労働に従事させられ、しかも問題を解決させたいからこそ辛抱強く長い時間をかけて待ち続けた「心優しい」労働者側の気持ちはことここにいたっていったいどうなるんだ? 問題が「論破」だのなんだのといったディベートごっこですむような生やさしいもんじゃなくなってるってことは、善意の第三者をちらつかせるあんただからこそ分かるはず。
 つうかさあ、争議行動に文句あるなら労組の媒体でもないこんなとこで油うってないで、労組事務所に *自分から* コンタクトとって交渉担当者に話すればいいじゃん(指示待ちは無意味)。黙って実行ですよ。問題を解決させたいという気持ちがあるなら、もちろん「論破」とかくだらないこといってないで、直接やりあってくりゃいい。わざわざここで書くっつーのは、単に労働者側の印象を悪くしたいだけなんだろうと思われてもしょうがない。つまり反労働者的パフォーマンスばかり突出させるあんたの立場が問われてくるんだよ。
  • 2010-06-07│11:55 |
  • noiz URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。