スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義の味方なにするものぞ

2010
05-20
「神戸学校」(バックはフェリシモという企業)によれば、前世銀副総裁どのは「政治力のない貧民のために正しいことを正しく行う勇気あるリーダーたちの味方、正義の味方になろう!」と決意して世銀に入ったんだと(出典)。さてでは代行主義の業火に焼かれるばかりの「政治力のない貧民」はどうするか。ゆくべき道は千年の秋をさかのぼろうとする自力救済の復興運動であるか。われわれの隣人であるイスラーム主義の運動もかつては(そしていまも)そうした性格をもっていたはずだ。かりに世銀をめざしたようなエリートのいう「政治力」が「近代以降の力」であるなら、われわれ「貧民」に必要なのは「近代以降」にあって「近代以降の以降」へのアクロバットでなければならない、なんてな。少なくとも、金融寡頭制がもたらす害毒の反省ぬきにえらそうなことをぬかすエリートは問答無用でたたきのめそう。われわれには僧兵になるべき理由と怨念があるのだ。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。