スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字問題に直面し、さしあたってルビをウェッブで使うには

2008
11-30
社会的障害である漢字を多用して人をサベツしてんじゃねーよ問題(1)につき、次善の対応として(決して最善ではない)ルビ=ふりがなを使う(2)という方法もあります。たしかに寄せ場の運動に見るビラにはふりがなが使われていますね。

ウェッブでルビをDIYしたい人。XHTML+CSS でマークアップする気力があるのなら、「ルビを振るには(CSS小技集)」などを参照しながらシコシコ記述してみるというのもひとつのやりかたです。文字列をにらむのが苦痛にならない人なら、マークアップの記述じたいはそうむずかしいものではありません。たんに労力がかかるというだけで。

しかしルビの機能からしてフォントフェイスをでっかくしたとしても、弱視の人にしてみればそれでも負担だとは思います。したがってどうしてもルビ対応をはかるんだという場合には、ページデザインそのものを実現する font-size にあわせて考える必要が出てくることもあるでしょう。デカ字にデカ字のラレツがたえうるデザイン、という。

脱線。仕事柄、漢字かなまじり文をどう組むのか・どう見るのかということについて思うことは多少あり、そんなこんなで知ったカナモジカイの運動を思い出してしまった。アラタ書体とかなつかしいー。

なお、私は字典をひいて表意文字としての漢字の意味を知ることじたいが楽しい、あるいはいろいろある書体に実現される象形そのものを愛でるという重度の漢字中毒者で、よく「きみの書く文章は見た目が黒い」といわれます。

(1)ひらがな あなーきずむに よーこそ。
(2)かんじのよめないドッペルゲンガー

Trackback

Comment

「表意文字」という用語について
反応してくださり、ありがとうございます。

表意文字という用語の問題点について、「漢字という権威」という論文に まとめています。
http://www.geocities.jp/hituzinosanpo/abe2004c.html

PDFで公開されているので、ぜひ ごらんください。
http://www.geocities.jp/syakaigengogaku/abe2004v2.pdf

つぎの記事は、わたしの議論の方向性を ていねいに よんでくださっています。
http://d.hatena.ne.jp/ngsw/20081129/1227930127

技術のちからを かりつつ、けれども日本語表記の最大の障害である固有名詞には、よみかたを かっこにそえることが、必要であると おもっています。

Post a comment

Secret


:D

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。