スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ「暴動」ざっぽう・ざっかん

2008
12-11
回虫 “毎日が夏休み最終日” kamarado が精力的につたえていますが、ギリシャでの蜂起はまだまだつづきそうですね。一件フォロー。9日?オランダ・ハーグでも連帯行動写真)。在オランダ・ギリシャ人ふくむ200人。

ちょっとおもうのですが、「不況」だから「暴動」になったぁという規定のしかた、これってブルマスに顕著ですよね? ニッポンのマスメディアはあきらかに危機煽りをやってる。ことはそんな単純なわけないのに、アナキストが暴れてます、日本も不況です云々、だからなに? ていう。予防拘禁的すりこみで、不安をあおってかりこみたいのかしら。でも不況という状況だけで「暴動」がおきるわけじゃないですからね。「暴動」に工作者が不在だとはいわないけれど、特定のイストの存在やプロパガンダだけで人は動くものではありません。まあ、複合的におきるもんじゃないのと愚にもつかないことしかいえないのですが。

もちろんギリシャでの状況をくわしくはしらないので、いったいどういう経緯で行動がつづき、そして警察による虐殺の事態にまでいたったのかはっきりしたことはいえません。でもそもそもギリシャでの直接行動派のデモ→「暴動」ってなりゆきはそれなりに有名で、いまさら日本のマスメディアがひっしこいて報道するところに作為を感じてしまうのです。なんでふだんから報道しないの? メーデーだってドンパチやってたじゃん、ていう。

偏見まるだしでいえば、ギリシャにおける一部の運動はかなりハードコアです。一部のはずなのにいっぱいいるよーと、おりにふれ激しい実力闘争がくりかえされる状況は、トルコとならんでヨーロッパじゃよく知られています。しかもアナだけじゃなくてボルもそうとうごっつい。

このかんの「暴動」状況いぜんにも、ごく最近では11月の獄中集団ハンストなどがめだっていましたね。運動がはげしいぶん、獄中者もおおい。もちろん直接行動派の運動はこれだけではなく、ごたぶんにもれず、スクウォット(katalipsi)をめぐるナチや警察との攻防とかいろいろあるんですよね……。だからなに?ってハナシですけど。

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。