スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は明日の家がたつ

2009
02-26
最近は心を入れかえて?賃労働を最優先しているので、まったくなにもできていません。私用ふくめ労働力再生産日もけっこうつぶしています。やけのやんぱちを少しあらためて自分の生活を優先するとこうなるのだ、ということがよくわかりました。困ったもんだし、なさけないことですが。

こないだA誌の編集委員とのはなしのなかで言及したことなんですが、戦前、とくに1920~30年代の東京下町の中小労組がみな長時間労働にいそしみながら(たとえば印刷工の場合、10時間超なんてあたりまえ!)活動できたのは、実は家族的・隣近所的な共同性がいっていあったからじゃないのかな、ということがあります。単身者どもは組合事務所で自炊しながら雑魚寝してたりとか、小さい組合だとそういうところもあったわけで。そもそも事務所なんか「だれかんち」ってこともあったわけで、そうして誰かが働きにいってデヅラおとしてみんなでメシ喰う、これは「自由労働者」(たちんぼ)の組合の場合。

いわゆる戦時体制期に「統制」された状況とことなり、30年代までの日本資本主義のもとでは、労働者のなかにはワタリの「職工」(しょっこう)が少なからずいて、かれらが腕一本で「労働市場」を横断的に流動していたことも、融通しあうという共同性の維持に少なからず影響をおよぼしていたのではないかと思います。とりわけ中小の群小工場なんかはそうですね。しかし夜10時に集まって相談しながら問題の起きた工場にみんなでおしかけるって、つまりは小さな町工場にいる職工が横断的につながってた、つながらざるをえなかったからこそできるワザなんですよね。いまでいう地域合同労組・コミュニティユニオンはこの系譜をひいてるんじゃないかと。しかし独占─下請け─孫請け─etcの底辺の零細親父も悲惨だったかなという気もするけど、まあ払うもん払わないといけないのはいつの時代もいっしょ。問題は甘い汁すってるやつが安穏とあぐらをかいてるその足下で、びんぼったれどうしがいがみあわなきゃならん構図。そりゃひとりぽっちだと陰々滅々ですわね。

話がそれる。んで、この戦前の超不安定雇用の先輩労働者たちはこうした共同性のなかで融通しあうことで、じっさい失業しても死なずに生きのびていました。争議になると「とーちゃん工場占拠」「かーちゃん物資もって行商」という家族ぐるみ闘争になったという記録もあります。……あーやばい、こんなとこでメモ書きしてないで、のばしのばしにしているものをかたづけないと。アナボル論争なんて主義者の論争だけみてても、現実の労農の運動がどうだったかなんて見えてこないんじゃ。なんのこっちゃ。

さて、「とーちゃん・かーちゃん・こども」の家族のありようはともかくとして、見知ったなかまうちでなんとかやりぬくという生きるための集団性は、古くて新しいものなのかもしれません。ひところ(もうだいぶ昔か)ブルジョア・アトミズムがうんぬんかんぬん…とよくいわれましたが、ブルジョア的単体として生きるには、とうぜんながらほとんどの賃金労働者は貧しすぎます。じゃこのさきどうすんの。ないものは背に腹にゃかえられぬ、あるところからブンドルしかありませんが、現実的にはなかなかそうもいってられない場合、なかまうちでなんとかするということもとーぜん視野にはいってくるでしょう。そういやおれ、東南アジアへDIYツアーに行ったときにバンドメンバーに借りた金を五年もかかって清算したとか(無利子金融ありがたや)、そういうわれながらひでえ話があるんですが、でもそんな一方向的なアレはともかくとして、お互いになんとか手をかしたりかりたりして生きのびるってことは十分射程にはいってくるでしょう。そう、貧乏人ほど都合つけあったりしてなんとかしてんじゃないのかというわけ。無尽やるほど余裕ないけど。しかし問題は友だち・仲間がいないぜどうなるんだ問題はここでは問題化できずに素通りするということです。ひどいな。

ってことで、いつにもましてコジツケがすぎますが、自由と生存の家! みんなで住むとか、それだけでもけっこう心強いものがあるのでは……貧+貧=強靭、という感じで。「孤独への権利」をたいせつにするひとには集住は向かないかもしれませんが(おれか)、ある共同性をもった居住の空間をつくりだすというのはこの殺伐としたサバイバルの時代には興味深いものがあります。弾圧くらうときは一蓮托生というような気もしますが、ガサの立ち会いもひとりよりふたり、ふたりよりさんにん、というようなこともおりこみずみで、「居住=運動」と展開できれば面白いのでは、と放言しておきます。面白いだけじゃすまないはずですけどね、なんとか日々暮らしていくということは……それこそ貧乏人ほどオモクロになる。

四谷三丁目物件は職場から近いはずなのですが、とにかくけっこう賃労働+αでままならず一度もお手伝いに行ってまへん。それどこじゃなくてそもそも労組の活動からもけつわってますが、とにかくおもしろい取り組みとしてメモ。

ではおやすみなさい。もうろうとしながら書いてるので、起きたら消すかも。

Trackback

Comment

ちょいと、おもろいね。
あとのやつは、さっぱりわからなかったが、これは、小難しくなかった。
8割がたわかった。

つまり、もうろうとしているほうが、面白いわけか。
もう一踏ん張り、もうろうとしたら、もっと面白くなるかも……。
言文一致?
話しコトバで書いていこうとするとかえって文体がおかしくなりがちですが、精進いたします…

やっぱブログって文語調で書くもんじゃないんですかね。メモがわりのつもりで使ってるんですが、それにしてもゴリゴリと書くクセがぬけねー。
  • 2009-02-27│02:31 |
  • noiz URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。