スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】大阪ヒガシえっとう

2009
12-27
大阪ヒガシえっとう

大阪ヒガシ越冬闘争実行委員会
070-5506-8735

「黙って野たれ死ぬな!やられたらやり返せ!」を合言葉に寄せ場(寄り場)を中心に「越冬闘争」が取り組まれて40年近くなる。「土建国家」の要請の下、70年代、建労法体制下で寄せ場(寄り場)が建設労働者の日雇労働市場に特化される中で、偽装請負、飼い殺し飯場、暴力タコ飯場が常態化した。製造現場では重労働低賃金使い捨て労働力としての無権利下層労働者が激増した。大資本の要請の下、労働者派遣法(1985年)により「派遣」が導入され、上層労働者の非正規化が進行する中で、1991年バブル崩壊とともに、大失業時代を迎えて野宿者が激増した。大資本の海外進出と労働者派遣法の改悪は、失業者・貧困者をより激増させ、「野宿者予備軍」を準備した。
 かかる事態において、なおも行政の敷いたレールに便乗した「あいりん地区対策(本質的には暴動鎮圧を目的とした府・市・府警による治安維持対策)」及び「釜ヶ崎労働者のアブレ失業問題=野宿者問題」としか捉えない釜ヶ崎の運動体に見切りをつけて、大阪全土に拡がる野宿者の解放運動を90年代半ばより極少数の有志で開始した。「浮浪罪」を糾弾し、テントや段ボールハウス等の野宿者の「不法占拠」を断固支持し、「誰にも理解されない最後の仲間」とともに歩み、「野宿してもなお生きていける状況・基盤=野宿者の解放区を築く」ことを目的に、大阪キタ、淀川、中之島・桜ノ宮等の大川沿い、大阪城、靱公園本町通り、長居含む南大阪、東大阪を主な現場として様々な取り組みを行ってきた。
 1995年の大阪APECであらゆる公園でテントの強制排除が強行されたことを踏まえた1997年の大阪国体・天皇来阪を口実とした野宿者排除策動に対する反対闘争勝利、1998~2000年の淀川テント村建設・淀川農場開墾・連続放火、「2000年沖縄サミット反対!野宿者全国行脚」とそこで連帯した海外の同志たちとの貧困者サミット(ニューヨーク)等への参加とその後の欧米・アジア・アフリカ・南米の野宿者・貧民運動との連帯交流。そして2001年1月よりの北米五大湖地方トロントなどで闘う”貧困に抗するオンタリオ連合(OCAP)”や北米西岸ポートランドの尊厳の村との同志的連帯交流。2000~01年の長居公園シェルター(立ち退くか入所かを強要した強制収容所)反対闘争とシェルター支持派によるテロル・連続放火と長居公園テント村建設(長居現闘団により建設)。2002年の排除と収容の「ホームレス特措法」(10年時限立法)粉砕闘争。3名の日雇労働者が殺され埋められた2004~05年の朝日建設に対する労働争議、韓国民主労総建設支部・全国貧民連合との交流と釜山APECに対する国境を越えた実力粉砕闘争、2006年の靱・大阪城強制排除反対実力闘争等、闘いに継ぐ闘い、弾圧に継ぐ弾圧の連続だった。だが、権力の弾圧を恐れて「非暴力=無抵抗」をもっともらしく説教する「活動家」は去ればいい。我々底辺下層の労働者はそんなクダラナイ話に付き合っているヒマなど1ミリたりともない。
 「ホームレス特措法」前後より、新自由主義の典型である「自立支援」諸政策が「ホームレス特措法」を根拠に野宿者の排除と収容政策を容認する運動体が圧倒的多数を占め、「就労自立」(=若くても定職にはつけず運がよくても自己責任で不安定就労が見つけられる程度)を前提とした「生活保護」へと形骸化させる動きを民・社・国連立政権下でいっそう加速化している。そのため、野宿する場を追われ、路傍を彷徨わざるを得ない野宿者が環状線近辺から河内地方を含めた大阪ヒガシへと押し出され、大手企業の海外流出やリーマン・ショック以降の大不況下での東大阪や堺、北摂等の中小規模の工場地帯で下層労働者の失業が激増している。野宿者に特化した行路病院、生活保護受給者を食い物にするドヤ福祉・福祉ボッタクリ飯場・福祉ボッタクリマンション等、72年釜共・現闘委の闘争以前の段階に戻った暴力タコ飯場の横行など、我々底辺下層の労働者が解体すべき敵は数多い。我々は、野宿者解放運動という立場からこれらの動きを徹底的に批判し、潰し、「野宿者の解放を野宿者自身の手で」勝ち取るべく心を砕いていかなくてはならないだろう。昨今の上層労働者の「派遣村」に惑わされ野合することなく、底辺下層からの解放運動を今一度取り組みなおさなければならい。
 さらに危惧すべきは、このまま運動の現状維持や生活保護万能主義(「生活保護」自体、1950年日本革命を封じ込める国家権力の「エサ」であった事実を我々は肝に銘じるべきである)がまかり通れば、「テント村」等の野宿者集住地区は跡形もなく消え去るだろう。権力はその機会を虎視眈々とうかがっている。我々は、野宿者集住地区にすら住めず、路傍を彷徨うしかない仲間たち、あるいは生活保護で「生き甲斐」を失い「生き埋め」にされた仲間たちとの連帯をこの間、生活相談・労働相談・失業者や下層現場の労働者の組織化・パトロールという形で継続してきた。2009~2010年の越冬闘争は、環状線内から東へと押し出され、テントすら張れずに路傍を彷徨う野宿者と大量の失業者を抱える工場地帯・困窮世帯がひしめく大阪ヒガシの地で「根拠地なき越冬闘争」に取り組みたい。すべての志を同じくする仲間たちに呼びかける。我々の力はまったく弱小だ。そしてまた我々の取り組むこの闘いは近い将来に避けては通れない未踏の挑戦だ。だが、この越年越冬闘争は必ず近い将来における礎となる。これまでの野宿者解放運動がそうであったように。これからも路上に叩き出されていく仲間たちのために絶対必要な野宿集住地区が、次々に潰され、拠点らしい拠点がほぼ解体され排除されるがままに(あるいはコミュニティー解体に「善意」の運動・ボランティア・弁護士等がそれに手を貸す形で)されてきたここ数年、支援の人的・物量的に貧困な地域と敢えて向き合い「路傍の仲間たちが受けてきた怒りや痛み」を同じような底辺下層の境遇に置かれてきたおのれの怒りや痛みに共感させ重ね合わせながら、一人でも多くの路傍の仲間と語り合いたい。路傍に周縁化された仲間たち! 団結し、共に厳冬を乗り越え春をつかみ取ろう!

12月28日(月)20時~ 近鉄布施駅周辺パト・食料品配布
12月29日(火)30日(水)南港臨時宿泊所受付 整理券は朝5時~市更相
12月31日(木)13時~ 鶴見緑地公園パト・カイロ配布
        21時~ 天王寺周辺パト・カイロ配布
1月1日(金)21時~   天王寺周辺パト・カイロ配布
集合地点・内容等の詳細は、free_workers_federation(at)riseup.net か 上記電話連絡先まで。

このビラを見た仲間へ!
生活・労働問題等の電話相談は 070-5506-8735(自由労働者連合)へ!

越冬闘争を支援していただける労働者・市民の皆さんへ!
郵便振替口座 00960-6-145783
口座名称 自由労働者連合 
「越冬カンパ」と通信欄に付記願います。

【転載】「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」 ─生存権を求めたA君は無罪だ─

2009
12-16
貧乏人にはひとごとではない大阪での生保取得弾圧。生存無罪をうったえる集会が東京で準備されたようですが、当該労組のユニオンぼちぼちの委員長を迎えるんですね。貧乏人にとっては年々せわしなくばかりの年の瀬とは思いますが、万障繰り合わせて参加を! 案内は転送歓迎とのこと、フリーター労組のブログにも公開されているので転載もOKですね。

「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」
   ─生存権を求めたA君は無罪だ─


・日時:12月23日(水) 18時開場(18時半開始)
・場所:大久保地域センター(新宿区大久保2-12-7)
    JR新大久保駅または都営大江戸線東新宿駅より、いずれも徒歩10分
    http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/map/ookubo_toyama.htm
・資料代:500円(カンパ)

◆信じられないことが起きてしまいました。この8月、大阪府柏原市の福祉事務所に自身の生活保護申請に赴いた「ユニオンぼちぼち」の組合員A君が、二ヶ月半を経過した10月末に逮捕されたのです。彼は保護申請の様子をビデオカメラに収め、福祉事務所の職員に「生活保護申請をさせてください」と訴えました。そのためにそれから2ヵ月半もたって彼は逮捕され、11月16日には「職務強要」容疑で起訴されたのです。(以下参照)
http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/blog-entry-101.html

◆生活保護の現場では、ぎりぎりのところで保護を求める人々の希望を挫く「水際作戦」が展開されてきました。申請者にわたすべき用紙をわたさない、理由をつけては「また来てください」と追い返すなど、手続きのハードルを上げることで申請自体を断念させようとする行為です。その結果、生活保護を受けるべき状況にある人々の実に80%が保護から排除されています。

◆福祉に保護を求めることは権利であり、保護を求める人々の申請受け付けは、福祉事務所の当然の職務です。また、行政機関への適切な監視は市民としての義務ですらあります。A君は生きようとし、A君は福祉事務所が当然行なうべき職務を記録しようとしたのであり、それはなんら犯罪ではありません。彼の行為が犯罪なら、保護を求める行為は萎縮し、行政機関の活動はますます不可視化するでしょう。生きる権利から多くの人が排除されている状況を直視し、A君の無罪を勝ち取る必要があります。そのために何をすべきなのか、ともに考え行動しましょう。

---------- 集会内容 --------------------------------------------------
○報告
橋口昌治(関西非正規等労働組合「ユニオンぼちぼち」委員長)

○問題提起
稲葉剛(自立生活サポートセンター・もやい代表理事)/山谷労働者福祉会館活動委員会/根来祐(フリーター全般労働組合ムービーユニオン)山川宗則(Media Champon)

○会場討議

----------------------------------------------------------------------

主催:「生活保護申請を記録して逮捕って何だよ?!」集会実行委
連絡先:フリーター全般労働組合(新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階)
電話/FAX: 03-3373-0180
Web: http://freeter-union.org/union/
Log: http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/
Mail: union(at)freeter-union.org ←(at)を@に置き換えてください

【転載】アテネ★レザルト連帯基金の緊急カンパ要請

2009
12-13
【転載】

(ギリシャ語圏)
アテネ★レザルト連帯基金の緊急カンパ要請

 レザルトは、2009年12月5日晩に急襲された西アテネのアナキスト拠点である。

 同志22名が同拠点への無理くたの強襲の間に拘束されたのは、12月8日早暁のピラエウス裁判所による決定によるものだ。
 しかしながら、裁判所は22名全員で総額51000ユーロに及ぶ保釈金という重い保釈条件を突きつけた。更に特筆すべきは、22名の内の1名の保釈金として15000ユーロを、内3名それぞれに5000ユーロを、残りの17名に3000ユーロを設定した。
 保釈総額は12月17日木曜日までに供託されるべきであるが、カンパ金は、預金凍結回避のために、同15日火曜日までに預金される事が望ましい。その目的のために、連帯基金がレザルトの22名の経済的支援と彼らの保釈金の支払い目的のためにも立ち上げられた。
 我々総てが尋常ならざる高額の保釈金を集めることに貢献することは、とても重要なことである。
 この合計金額を確保していただくことは、大いなる支援であるし、またカンパ金が預金されうる銀行振替口座を獲得するために電話(+30 6973657960)もしくはtameio22@espiv.netに直接連絡していただくよう要請する。基金起ち上げのために宣伝された銀行口座は、ギリシャ国家の法の下では違法とされる。

連帯は我々の武器である!
ギリシャ語圏暴動の後で。

2009年12月11日

(*rebel_faKTorY 荒訳)

【紹介】『宮下公園~TOKYO/SHIBUYA~』(OurPlanet-TV制作)

2009
12-11
OurPlanet-TVが制作した『宮下公園~TOKYO/SHIBUYA~』が公開されています。ナイキが宮下公園(東京都渋谷区)の「ネーミングライツ」を購入して……という問題のアレについてひろく取材してまとめた映像作品で、独立メディアのもつ機動力がいかんなく発揮された力作。以下、内容紹介を OurPlanet-TV のサイトから転載。
DVD・CD無料配布中!詳しくはこちらから

 渋谷駅に一番近い公園・宮下公園。去年8月に渋谷区はスポーツメーカーのナイキ・ジャパンとネーミングライツ契約を結び、来年4月に「宮下ナイキパーク」と名前が変わる。また公園はナイキ側の負担で全面改修されスポーツ公園に変わる予定だ。

 これまで渋谷区は、議会の答弁の中で、宮下公園のスポーツ公園化は、区民の要望を受けたものと説明。要望書の提出を受けて、ネーミングライツの選定委員会を設置し、ナイキ・ジャパンを選んだとの説明してきた。

 しかし、OurPlanet-TVの取材によると、1000筆集まったとされる署名はNIKEと関係の深いスケートボードメーカーが集めたことが判明。また、要望書もロッククライミングは区議会議員自身が作成し提出していたことが分かった。

 そして、この計画は既に2006年にナイキが渋谷区に寄贈したジョーダンコート設置にまでさかのぼることが判明・・・。宮下公園の改修計画の背景にどのような事情があったのか—。日本の中で最も賑やかな街・渋谷の行政、議会とは—。

 これまで、ほとんど明らかになってこなかった宮下公園ナイキ化計画のプロセスを取材した。

■内容
Part1 Homeless
・Homeless
Part2 Street
・2つの要望書
・署名は誰が集めたか
・パークとストリート
Part3 NIKE
・マーケティング
・児童労働
・市場主義と公共空間
Part4 Sibuya
・ネーミングライツ
・ジョーダンコートとフットサルコート
・選定委員会
おまけ

■出演者(敬称略)
◇渋谷区役所◇
・桑原敏武(渋谷区長)/小澤明彦(渋谷区土木部 公園課長)
◇渋谷区議会議員◇
・広瀬誠(公明党)/植野修(公明党)/長谷部健(無所属)
・伊藤たけし(無所属)
◇スケーター◇
・佐野和俊(渋谷にスケートパークを作ってもらおう会)
・冨田誠(城南島パーク発起人)/秋山アキ(プロスケーター)
・渡部憲之(スケートショップ経営)
・渋谷周辺のストリートスケーターの皆様
◇渋谷区民◇
・渥美昌純(渋谷区民)
◇みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会◇
・藤井光(現代美術家)/植松青児(印刷労働者)
・黒岩大助(渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合)
・いちむらみさこ(アーティスト/美術カフェ・エノアール)
・小川てつオ(246表現者会議発起人、美術カフェ・エノアール)
・園良太(フリーター全般労働組合共同代表)
◇スペシャリスト◇
・吉澤恒男(元ナイキ及びミズノの社員)
・白木朋子(児童労働の撤廃・予防に取り組むNGO=ACE(エース)
・岡部明子(建築家)/尾林芳匡(弁護士)

■感想&リクエストをお送りください!
皆さんの感想または「こんな取材をして欲しい」というリクエスト
info@ourplanet-tv.orgにお送りください。

■制作応援カンパ募集!
OurPlanet-TVは非営利・非商業メディアです。企業などからの広告などは一切受けず、会費や寄付で運営しています。今回の5ヶ月間に及ぶ取材で、現在財政的に疲弊しております。ぜひ、制作費の支援をお願いいたします。

<ゆうちょ銀行>
口座番号:00100-4-77535 名義:OurPlanet-TV
※通信欄に「制作費カンパ」とご記入ください。
<三菱東京UFJ銀行>
神保町支店 普通 2338357 
名義 特定非営利活動法人OurPlanet-TV
※できましたらメールで、お名前や所属などをご一報ください。

【転載】ベオグラード6最新情報(2009年11月8日付)

2009
12-11


★【転載】ベオグラード6最新情報(2009年11月8日付)

12月7日、裁判所はベオグラード6の審理までの間、6人を拘置施設に置いたままにする決定を下した。このことは春先(日本列島での春先ではない!─訳者)にも何事かが起こることがありうるということだ。

(★旅浪人同志の翻訳より)

【転載】A君は無罪だ!生活保護申請に対する不当逮捕・起訴弾劾!!

2009
11-30
大阪府警。府レベルでまるでチンピラ。といったらチンピラには失礼てなもんで、警察はたちのわるい公設のドロボーでしかない。いやこれもドロボーに失礼か。ボリ公ときたら裏金づくりが発覚してもみせかけの処分があるだけで逮捕されるようなリスクはしょわない親方日の丸強盗団である。むしろ内部告発する人間のほうがつぶされる危険をしょう。それにしても裏帳簿つくって税金つかいこむやつらが福祉の受給者いじめるなんてロクなもんじゃねえ。したっぱの巡邏のオマワリはまだましだといえるくらい警備公安関係がやることはひでえ。どうせこんなデッチアゲをやらかすのは公安にきまってら。なにが職務強要だ。ポリ公が職権濫用してんだろ。起訴をとりさげろ。検察連中もこんなデッチアゲの尻馬にのってんじゃねえってんだよ。

以下、支援要請を転載。

【支援要請/転送転載歓迎】

A君は無罪だ!生活保護申請に対する不当逮捕・起訴弾劾!!

関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
2009.11.28

「生活保護の申請をさせて下さい!」と泣く泣くカメラを手にしたA君を逮捕・起訴するなんてあんまりじゃないか!
A君の救援活動と無罪を勝ち取るための法廷闘争へのカンパをどうか宜しくお願いします!

【カンパ先】
郵便振替 00900−8−263985
加入者名 ユニオンぼちぼち
(通信欄に「A君」と記して下さい。)
この件に関する問い合わせやメッセージは hogohiwoageroアットyahoo.co.jp (アットを@に置き換えてお送り下さい)までメールをお願いします。

 10月27日朝、組合員であるA君は、いきなりやってきた大阪府警によって家宅捜索をされ、職務強要罪(※)で令状逮捕されました。29日に送検、勾留延長もされ11月16日に起訴されてしまいました。
 A君は福祉事務所から生活保護を受給していました。結果的に受給は出来ていたものの申請にあたっては大変な困難が伴った末の保護決定でした。

 今年2月、ユニオンぼちぼちは世界的な金融危機以降悪化する雇用情勢の変化に伴い、生活保護の取得の仕方を学ぶための学習会を開催しました。全国各地のユニオンの共通の課題として浮上してきた問題だと思いますが、労働にまつわる相談の解決の前にまずは生活の安定が必要であり、そのための生活保護申請のノウハウを組合員間で学習しようという試みです。
 勤務先で散々社長に罵られた挙句に不当解雇に合い、組合に相談にやってきたことがA君と組合との出会いでした。A君は労働法などを一生懸命勉強し、自分が争議の中心になって会社との交渉を行ってきました。しかし生活面は安定したものと言える状態にはなく、生活保護を申請することになりました。

 ユニオンぼちぼちは、生活保護の申請時における「水際作戦」といわれる福祉事務所の対応が問題だと考えてきました。水際作戦とは、福祉事務所へ相談に訪れた人々に対し、申請用紙を渡すまえに職員が理由をつけて追い返すことにより、保護の件数を予め抑制しようという手法です。なんとか申請をして保護を受給できたとしても福祉事務所からの執拗な「指導」により保護打ち切りに合い、保護基準以下の生活を再び強いられていく人が少なくありません。北九州市においては生活保護を打ち切られた男性が「おにぎりが食べたい」と書き置きを残して餓死するなど、全国で痛ましい事件が続発しています。日弁連によると、本来なら生活保護制度を利用できる経済状態にある人々に対しての実際の支給率はわずか9~19・7%ということです。その大きな要因として、福祉事務所による申請への違法な拒否行為が挙げられています。A君の保護申請は、こうした状況の中で行われたものでした。

 本来、困った人のために相談にのり、サポートするのが仕事であるはずの福祉事務所の対応はとても冷たいものでした。そのことにA君は不安を募らせていきました。そして残念ながら、当初の保護申請は却下されてしまいました。困ったA君は再度申請を行おうとしましたが、福祉事務所は素直に取り合ってはくれません。やむにやまれず自分の部屋からビデオカメラを持ってきて、福祉事務所の職員に訴えました。「生活保護の申請をさせて下さい!」

 2ヵ月半後、この時の行為が職務強要罪の容疑にあたるとされ、A君は逮捕されました。

 しかし組合員が一緒に福祉事務所に話に行くと保護が支給されることが決まり、逮捕までの2ヵ月半の間A君は無事に保護生活を送っていました。逮捕の2日後、ユニオンぼちぼちの大阪事務所が家宅捜索されました。念のため付け加えておきますと、生活保護を受給する資格がないのに恐喝して違法に受給をしたという容疑ではありません。その証拠に現在も保護は廃止(取り消し)ではなく、逮捕・勾留による停止という状態になっています。職員の冷酷な対応を受け、やむにやまれずカメラを回しながら訴えたことが容疑とされているのです。その後、その映像が公開さたことはありません。

 勉強熱心なA君は逮捕前、生活保護を抜け出すために国の新しく始めた職業訓練制度を使い訓練学校に通い始めていました。入学のための選考試験は簡単なものではなく、時には落ち込むこともありました。しかし何度かの不合格を乗り越え、ようやく入学することが叶ったとき、私たちは手を取り合って喜んだものです。資格取得を目指して学校に通うことはA君にとって生きる張り合いになっていました。身近で様子を見聞きしてきた私たちは、その生活がとても大切なものであるということを感じていました。しかし、ようやく安定して学校生活に通えるようになった矢先に、突然逮捕されてしまったのです。A君は無実です。逮捕・起訴・勾留によって学校生活もメチャクチャにされてしまいました。このままではA君は出席不足による退学処分になってしまいます。

 私たちはA君の即時釈放を求めています。
 そして裁判では必ずA君の無罪を勝ち取らなければなりません。
また、この事件で有罪の判例を出させてしまったら、労働運動や社会運動においてビデオカメラを使うこと自体が抑制される恐れがあり、到底容認できるものではありません。
 心を寄せてくださる皆様には、未曾有の失業の嵐のなか大変心苦しい限りではございますが、この闘いへのカンパを寄せて頂くようお願い致します。

※ 職務強要罪とは、公務員に対して、「ある処分をさせる目的」、「ある処分をさせない目的」や「公務員の職を辞させる目的」のいずれかをもって、暴行または脅迫を加えるというもので、「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」という重い罪です。私たちはA君の言動が犯罪にあたるという見解を容認できません。

転載もと
http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/blog-entry-101.html

【転載】ベオグラード6、“国際テロリズム”の刑下される(2009年11月5日付)

2009
11-14


★【転載】ベオグラード6、“国際テロリズム”の刑下される(2009年11月5日付)

IWA/AIT書記とセルビア語圏の同志たちは我々に幾つかのおぞましいニュースを知らせてきた。去る9月5日より拘束され、拘禁されたままのベオグラードの6人のアナルコサンジカリストたち(ベオグラード6と略します)は、国際テロリズムの罪ででっち上げられようとしている。ベオグラード6は懲役15年の刑に直面している。
 ベオグラード6は去る2009年8月25日に(ベオグラードの)ギリシャ大使館でペイントし、窓しか損傷しなかった火炎瓶を投擲した当人たちとして起訴された。ベオグラード6の同志たちが、きっぱりとそれらの出来事に何ら関係がなかったと述べた事実は、セルビア語圏実効支配政府をして、なにものかに負罪しようというその強迫観念を揺らがせるものではなかった。実際、パリからベオグラードに至るまで、どこででも国際警察はとても似通っている……。奴らは同じインストラクターを持っているにちがいない……。
 故に、ベオグラード6は国際テロリズムの罪を付されている。近い内に、このことは、少なくとも数カ月間、ベオグラード6が拘置所で一切の交通を遮断されたままになるということである。
 今も自由である現地の同志たちは、決定をアピールする何らかの方法があるかどうかを知ろうとしている。更なる情報は追って出されるだろう。
 ともかく、最悪の状況が現在、起こっている。闘争は長期化し困難なものとなり、ベオグラード6は我々総ての支援を必要としている。
 弁護費用は明らかにとても高くつくと思われるので、連帯努力としてのカンパを申し出る個々人は、“Solidarité Belgrade(ベオグラード連帯)”の文字列を付記して以下のアドレスにCNT AITへの送金が可能である。

CNT AIT
108 rue Damremont
75018 PARIS

(★旅浪人同志の翻訳より)

[持たざる者]とブッシュと

2009
10-30
2009年11月3日(火)の東京はデモ2連荘日和?!

Voĉo Protesta - Vojo al Libereco 12" LP リリース

2009
10-25
Vojo al Liberecoイギリスの DIY パンクレーベル LA VIDA ES UN MUS より voĉo protesta (voco protesta, cの上に^) の Vojo al Libereco 12" LP がリリースされました。すでに日本各地のレコ屋/ディストロに入ってきてるようです。ハードコアパンクをうけつけない人にはとーぜんオススメできません。ほとんどの曲が1分代でドッタドットタ、ドッタドットタ、ギャー!で終わると想像してください……これじゃ意味不明か(笑)。拘束もとい高速パンク好きな人向けだと思います。

レコーディング時のメムブロは voĉo(voice): uemoto, gitaro(guitar): aoki, baso(bass): sima, tamburo(drum): kawaguĉi。ギターのヘルプで aoki くん(snowline)にお世話になりました。コーラスとB面ラストのヴォーカルは ascum さんです。

LP のタイトルになっている “Vojo al Libereco” は、「自由への道」という意味です。歌詞はすべてエスペラント語で書いていますが(いつまでたっても学習中なのでインチキ・エスペラント)、いちおう日・英の対訳つき。

いまのところ気がついている歌詞の誤植・誤記は以下のとおり。すんません。
  • B面の klasa politico は klasa politiko の誤植。
  • B面の nenio estas krima の英訳部分 no one isn’t criminal は no one is criminal の誤記。意味がさかさま。
追伸:現在 vo/g はぼくが兼任でリハしてますが、いまだにがっつりギターロ(ギター)募集中です。ブリブリの fuzzzzz...!! な音色でやってみたいという人は連絡ください。Shitlickers、Curde SS、初期 Anti Cimex、Private Jesus Detector あたり……ってな感じか。活動は東京がベース。

反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉2009

2009
10-20
反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉2009もう秋もなかばをすぎました。まもなく反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉が開催される季節です。


:D

noiz

Author:noiz
vivu anarkiisma komunismo!

ちかごろ

けんさく

せんでん

Guilty for Brutal Pigs! Release All Protesters RIGHT NOW!

Free the Belgrade anarchists!

ふせん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。